CATEGORY 情報セキュリティ

Wi-Fi(無線ネットワーク)の怖さをご存知ですか?~実は身近にあるWi-Fiからの情報漏えいとその脅威~2

「シャドーIT」に、足元をすくわれないために  「悪魔の双子」以外にも、注意すべきものがある。それが、 「シャドーIT」だ。「シャドーIT」とは、社内で使用が許可されていないデバイスや、社員が個人で所有しているデバ イス…

森ビルと、AIを活用したビルオートメーションシステム向けセキュリティ技術の実証実験を開始、技術開発を加速

パナソニック(株)は、森ビル(株)とビルオートメーションシステム向けのセキュリティ技術について既設ビルでの実証実験を1月末から開始し、技術の開発を加速している。 また、サイバーセキュリティ技術の認知拡大のため、東京(汐留…

日本の3世帯に1世帯が脆弱なスマートホームデバイスを所有していることを明らかに 日本の23万回線のホームネットワークをスキャンした結果、スマートホームの新たな脆弱性を発見

Avast Software Japan(同)は、世界のスマートホームデバイスの40%がサイバー攻撃に対して脆弱な状態であることを発表した。今回発表した「Avast Smart Home Report 2019」は、全世…

Wi-Fi(無線ネットワーク)の怖さをご存知ですか?~実は身近にあるWi-Fiからの情報漏えいとその脅威~1

サイバー攻撃が世界的な社会問題となり、セキュリティに対する関心が高まる最中、マリオットホテルが不正アクセスを受けて、宿泊予約データベースから3億8,300万件の個人情報が流出し、世界に衝撃が走った。このように、世の中には…

「標的型攻撃メール訓練サービス」を提供開始 ソフォス「Sophos Phish Threat」のサービス基盤を活用し標的型攻撃メールを実際に送信するトレーニングを提供

日本ビジネスシステムズ(株)は、ソフォス(株)の「Sophos Phish Threat」のサービス基盤を活用した「標的型攻撃メール訓練サービス」の提供を開始した。 ソフォスが提供する Sophos Phish Thre…

「情報セキュリティ10大脅威 2019」を決定 “組織ランキング”にサプライチェーンに関する脅威が初ランクイン

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、情報セキュリティにおける脅威のうち、2018年に社会的影響が大きかったトピックなどを「10大脅威選考会」の投票によりトップ10を選出し、「情報セキュリティ10大脅威2019」とし…

情報セキュリティ人材の可視化ガイドライン(β版)公開

特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会の参加企業で組織する、情報セキュリ ティ教育事業者連絡会は、深刻な不足が叫ばれている情報セキュリテ ィ人材に対するスキルの可視化を行うためのガイドライン(β版)を発表し…

統合的除排雪IoTシステム販売 会津若松市の実証実験で広範囲の積雪量の見える化と 除排雪車の運行管理システム連携を検証

(株)Momoとビッグローブ(株)は、無人積雪量測位と除排雪車の運行管理をIoTで連携させた統合的除排雪システムの2019年8月販売を目指し協業を開始した。 国土の60%を占める雪寒地域では、降雪対策が交通、通信、医療な…

個人を対象としたネットセーフティ・アドバイザー講習会を 2 月に開始  教育啓発企画運営や相談実務従事者を対象とした知識習得コースの申し込みの受付を開始

(一社)セーファーインターネット協会は、「SIA 認定ネットセーフティ・アドバイザー第1回講習会」を2月23日(土)に実施する。 同協会ではより安心・安全なインターネット社会の実現を目指し、2014 年より教育啓発事業に…

JSSEC技術部会「GDPRセミナー」1月24日開催

(一社)日本スマートフォンセキュリティ協会の技術部会は、本年5月から適用が開始されたEUの「GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)」をテーマに、1月24日に「…