CATEGORY 防災関連

防災関連

日立システムズと図研ネットウエイブが社会インフラや大規模施設の防犯・安全対策を支援する分野で協業。状況認識プラットフォーム「Verint SA 7.5」を提供

(株)日立システムズと図研ネットウエイブ(株)は、社会インフラや大規模施設の防犯・安全対策を支援するサービスの分野で協業した。協業に基づき、空港、港湾、鉄道、発電所などの社会インフラや、大規模商業施設向けに、ベリントシス…

業界最小クラスの省スペース化・大規模システムへの対応を実現 ラック型非常用放送設備「FS-2500」シリーズを新発売

 TOA(株)は、業界最小クラスの省スペース化と大規模システムへの対応を実現した、ラック型非常用放送設備「FS-2500」の発売を開始した。 ビルや商業施設など人が集まる建物には、消防法施行令により、その規模に応じた火災…

災害時のブラックアウトに備える スマホ10回相当充電可 水と塩で発電する「マグネ充電器」海水でも繰返し使えるLEDランタン一体型防災アイテム発売開始

(株)STAYERホールディングスは自社開発したLEDランタン兼充電器「マグネ充電器」の発売を開始した。 「マグネ充電器」は2018年グッドデザイン賞を受賞しているだけでなく、水と塩だけでスマートフォンの充電ができ、LE…

大阪府北部地震(買いだめ)に関する調査

東京大学と(株)サーベイリサーチセンターは、「大阪府北部地震(買いだめ)に関する調査」を実施した。 2018年6月18日7時58分頃に発生した「大阪府北部地震」(最大震度6弱)において、地震発生後の近畿圏(京都府、大阪府…

IoT技術を活用し、急激な水位上昇による水害対策に特化した超音波式「危機管理型水位計」を提供開始

沖電気工業(株)は、IoTクラウドとの通信が可能なLTE通信機能を備え、頻発・激甚化する河川の急激な水位変化の計測に特化し、国土交通省「危機管理型水位計の観測基準・仕様」に準拠した、超音波式「危機管理型水位計」の提供を開…

「Tomo Light(トモライト)」に防災用ヘッドライト追加 より長時間使用できるヘッドライトを新たに開発

トモスメイカー(同)は、西日本を連続で襲った台風と北海道地震の時から「防災用のヘッドライトを作ってほしい!」という声を多く受け始めた開発がようやく完了して販売一歩手前のところまで来た。 地震や台風時に多くの家庭が停電にな…

災害時に通信等を担う車両を「防災WEEK2018」11/13~21西新宿で展示 “新宿ならでは防災”を体験するイベント

工学院大学は、「防災WEEK2018」を11月13日から新宿キャンパスなどで開催し、体験型イベントや講演会を行う。大学の建築学部と情報学部の専門性を生かした「エリア防災」研究の取り組みの一つとして、新宿駅周辺防災対策協議…

地域の防災力強化を支える「OKIの総合防災ソリューション」を提唱し、中核となる防災情報システム「DPS Core(TM)」を販売開始

沖電気工業(株)は、たび重なる重大災害に備える地域の防災力強化を支えるため、これまで50年以上にわたり提供してきた防災ソリューションを、自助・共助・公助の醸成を重視した「地域状況の見える化」「高度な防災マネジメント」「効…

火山噴火時の土石流予測システムで 第8回ロボット大賞・国土交通大臣賞受賞 システムインテグレーション研究室らの共同研究成果

工学院大学の羽田 靖史准教授(工学部機械システム工学科システムインテグレーション研究室)らの共同研究「ドローンを用いた火山噴火時の土石流予測システム」が、第8回ロボット大賞(共催:経済産業省(幹事)、(一社)日本機械工業…