CATEGORY 防災関連

Web情報を自動で画像ファイル化するツール「Webcliple」、 災害時に防災情報の収集・提供に 活用する自治体などにサービス展開

アクチュアライズ(株)は、自社開発の自動スクリーンショットアプリ「Webcliple」(ウェブクリップる)のBoxに画像をアップロードできる新しいエディションの受注を2019年3月1日より開始する。 Webclipleは…

2,000mまでの長距離測定を実現 災害対応やインフラメンテナンスに最適な地上型3Dレーザスキャナ「PENTAX S-3200V/S-3075V」発売

TIアサヒ(株)は、短時間で近距離から長距離までの広範囲が測定でき、多様な用途に対応可能な地上型3Dレーザスキャナ「S-3200V」および「S-3075V」の国内販売を開始する。 同社は、連続して新製品の発表を行う。「S…

東日本大震災・熊本地震・西日本豪雨・北海道地震等 多くの被災地で活躍してきた自動ラップ式トイレ 「ラップポン」が2019年6月に新商品を発売

日本セイフティー(株)は、水を使わず、熱圧着によって排出物を1回毎に自動で個包装に密封(ラップ)する災害用トイレである自動ラップ式トイレ「ラップポン・トレッカー WT-4」を2019年6月に発売開始する。 「ラップポン・…

鉄骨はり貫通部用 薄型熱膨張性耐火被覆材「すりーぶたすけ」3時間耐火構造認定を取得

日本インシュレーション(株)は、鉄骨はり貫通部用の薄型熱膨張性耐火被覆材「すりーぶたすけ」について、3時間耐火の国土交通大臣認定を取得した。 「すりーぶたすけ」は、熱膨張性耐火ゴムシート(加熱によって発泡し断熱)を利用し…

重要文化財 京都府 聖護院門跡を電気火災から守る

河村電器産業(株)は 1919 年の創業以来、電気を安全に使用するための製品を作り続けており、そこで培った 技術を活かし、近年対策が迫られる「電気火災」を防ぐための製品の普及に力を入れている。 その一環として、ほこりが原…

香川テレビ放送網、視聴者によるスクープ映像投稿サイト「JIMOTTO」 緊急災害時に災害状況や避難所状況などの情報収集・配信ツールとしても活用

香川テレビ放送網(株)は、(株)メディアキャストの技術協力により、2月1日からスクープ映像投稿サイト「JIMOTTO(じもっと)」の試験運用を開始した。 地域住民や一般視聴者が、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した地…

雪による災害トラブル、冬のスリップ事故に用心 損保協会東北支部が JA共済連宮城、全労済、NEXCO東日本と連携して呼びかけ

日本損害保険協会 東北支部では、東北全域で雪の災害トラブルやスリップ事故防止を目的とし、JA共済連、全労済と連携して、チラシ「冬の災害・事故に備えて!」(A4版・両面カラー)を72,000部作成した。 チラシは、住宅編「…

世界初、新技術による緊急音声放送の視覚化・多言語化 大規模災害時に外国人観光客や障がい者の安全な避難を可能に

TOA(株)は、東京都町田市で行われた「東京都・町田市合同帰宅困難者対策訓練」にて、「放送設備とデジタルサイネージを連携させたシステム」を使用した実証実験を実施した。 これは、遠隔地からカメラ映像で現場状況を把握しながら…

統合的除排雪IoTシステム販売 会津若松市の実証実験で広範囲の積雪量の見える化と 除排雪車の運行管理システム連携を検証

(株)Momoとビッグローブ(株)は、無人積雪量測位と除排雪車の運行管理をIoTで連携させた統合的除排雪システムの2019年8月販売を目指し協業を開始した。 国土の60%を占める雪寒地域では、降雪対策が交通、通信、医療な…

ライフビーコンは24時間スマホで安否確認が可能

アイテクサス(株)は、アンドロイド版、安否確認アプリの「ライフビーコン」を発表した。 ライフビーコンは、自分のスマホに24時間触らなければ、登録した友人などに自動で「安否確認」のメッセージがショートメール(SMS)で送信…

津波来襲後の仮生活可能な二次避難施設案を公開 高台をキャンプ地などとして平時は地域交流の場として有効活用

フジワラ産業(株)は、山の中腹にキャンプ地などを作り、生活環境を整えて、津波が来襲した後一時的な仮生活を可能とする二次避難施設案を公開した。 津波避難施設では、津波の襲来が予想される海岸に隣接した山の中腹を切り拓いて高台…

防災・減災診断/改善提案コンサルティングサービスを開始 消防署・消防機器メーカーOBと提携

(株)ジェムコ日本経営は、消防署・消防機器メーカーOBと提携し、防災・減災診断、改善提案コンサルティングサービスを開始した。 消防署長経験者、消防署で専門分野を深堀りした経験者、化学メーカーなどの企業勤務を経て消防署にて…