CATEGORY 防災関連

多彩なシーンで利用できるIP無線 「iMESH」のハンディ端末IM-550を新発売 小規模利用から業務用まで多種多様なニーズに対応したデバイスを用意

FIG(株)は、グループ会社のモバイルクリエイト(株)が、多彩なシーンで活用できるIP無線「iMESH(アイメッシュ)」のデバイスとして専用端末IM-550(ハンディ端末)を販売開始したことを発表した。 モバイルクリエイ…

地震先行現象検知システムの構築を拡大 地震予測システム「S-CAST」をセブン‐イレブン2店舗へ試験導入

富士防災警備(株)は、2011年に発生した東日本大震災以降、巨大地震発生前における地震先行現象検出の研究をおこなっており、今回、独自に開発した地震予測システム「S-CAST」をセブン‐イレブン2店舗へ試験的に導入した。 …

西日本豪雨災害被災者に向けた 「モバイル型応急仮設住宅」の供給が開始トレーラーハウス・ムービングハウスで迅速に住宅を輸送

平成30年7月の西日本豪雨災害により居住を失った岡山県倉敷市真備町地区の被災者に向け、(一社)日本RV輸入協会と(一社)日本ムービングハウス協会は倉敷市の要請を受け、同市内船穂町柳井原市の私有地にトレーラーハウス(車両を…

災害時に2.5cmの隙間から人命救助できる「ジャッキ」登場 メンテナンスフリーで最大2,000kgの重量物を持ち上げ可能

竹内工業(株)は、地震などの災害時に誰でも扱うことができる「STOレスキュージャッキ」を開発し、自社サイトなどで販売を開始した。 同社は、地元名古屋で90年間、車載搭載用のジャッキを製造販売してきた。ジャッキの用途は一般…

「レスキューWeb」で海外ニュースクリッピングの提供を開始 海外拠点の安全やサプライチェーン管理を速報でバックアップ

(株)レスキューナウは、災害・危機情報集約ツール「レスキューWeb」の情報カテゴリに、新たに「海外ニュースクリッピング」をオプションラインナップとして追加し、提供を開始した。 24時間365日有人体制で危機管理情報センタ…

超高密度気象観測システムPOTEKAの実測・解析情報を提供開始 気象庁アメダスでは把握できない局所的な気象情報をテレビでも手軽に利用可能に

雲南市・飯南町事務組合のCATV事業部が運営するケーブルテレビ局である雲南夢ネット(うんなん ゆめネット)は、超高密度気象観測システム「POTEKA(ポテカ)」で収集・解析した情報を、データ放送でリアルタイムに提供するサ…

個人情報をQRコードで格納・ 折りたたみ式ヘルメット発売 連絡先等に加え常用薬などの情報を入れ、緊急時に備える

(株)東京いむぱくとは、個人情報をQRコードに格納して緊急時に対応できる「折りたたみ式ヘルメット」の販売を開始した。 大阪北部の早朝における地震発生に続き、西日本の広い地域で水害が起こった。自然の猛威に抗うことはできない…