日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

これからの「セキュリティ」と「エコ」について

TOA
セキュリティ開発本部 プロダクトマネージャー
横山 昌明氏

CVカメラシリーズ約66%の消費電力削減
 24時間365日稼動する防犯カメラの省エネが求められるのは当然です。
 TOAでは、省電力カメラ「CVカメラシリーズ」を打ち出し、環境問題に取り組んでおります。
 現在、同軸ワンケーブル方式の防犯カメラには定電流方式と定電圧方式の2種類があり、今のところ定電流方式が遠距離に、定電圧方式は近距離専用と言われています。
 ところが、技術革新により定電圧方式でも定電流方式と変わらない長距離の映像伝送が可能となりました。
 そこでTOAでは、省電力の時代に合わせ両方式を販売していくことにしました。
 我々が特にPRしているCVカメラシリーズは、従来のカメラよりも省エネ製品です。
 当社の定電圧方式、定電流方式のカメラを比較致しますと、従来の定電流方式のカメラだと17.4Wの消費電力であるのに対して、定電圧方式のカメラだと5.6Wの消費電力で済みます。
 これは、消費電力を約66%削減、つまり約1/3で済むことになります。
 前述の通り、距離に関しても、定電圧方式では短距離での伝送を余儀なくされていましたが、当社製品も500m先であるとか、長距離でも設置ができるように改良を重ね、距離が足らない分を対応できるようになりました。
 具体的に、オフィスビルを防犯カメラ16台で見守った場合について計算しますと、従来のカメラシステムの場合が200W、CVカメラシステムの場合が70Wの消費電力となります。
 この場合の年間消費電力差は、1,139KWh/年となり、これをCO2の排出量に換算しますと、502kgの排出削減が可能で、65%の削減を実現していることになります。
 また同時にCVカメラは非常に経済的でもあり、同様にカメラ16台の場合で計算すると、従来型のカメラで年間電力料金量が約37,000円かかるのに対し、CVカメラの場合は約13,000円、年間で約24,000円の差額が発生することになります。
 このような数値を見ていただければ、いかにCVカメラが省電力、エコに貢献できるか、また経済的であるかがお分かりいただけると思います。
 昨今の環境に配慮する時代だからこそ、貢献できる製品ではないかと思っております。
 セキュリティ業界もエコを抜きに成長発展が考えられない時代を迎えたわけです。


TOA
http://www.toa.co.jp/

2009年12月1日発信

 
会社案内お問い合わせ