日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

防火対象物点検資格者講習実施日決まる
(財)日本消防設備安全センター

 消防法第8条2の2及び同法施工規則第4条の2の4規定に基く「防火対象物点検資格者」講習の実施日・開催地・講習会場等(平成22年7月〜9月期分)が決まる。

◆防火対象物点検資格者講習とは
 平成13年9月に発生した新宿区歌舞伎町ビル火災を契機として、平成14年4月に消防法の一部が改正され、新たに「防火対象物定期点検報告制度」が設けられた。
 これを受けて、消防法施行規則第4条の2の4及びこれに基づく消防庁告示の定めるところにより、総務大臣の登録講習機関として平成15年1月から「防火対象物点検資格者講習」が実施され、修了考査合格者には「防火対象物点検資格者免状」が交付される。
 消防法第8条の2の2の規定により、一定の防火対象物については、消防法令及び火災予防等に係る専門的な知識を有する防火対象物点検資格者が、用途の実態や消防計画に基づいた防火管理の実施状況等の火災予防に係る事項も含めて総合的に点検し、その結果を管理権原者が消防機関に報告することとされてる。
 さらに、防火対象物の用途の多様化に伴い火災の危険も複雑化するなかで、防火管理のあり方や法規制も逐次変化し、改正されていく。これらの変化や改正に対応した最新の知識を得るために、防火対象物点検資格者には5年ごとに再講習を受講することが義務づけられている。

◆防火対象物点検資格者講習の実施予定表
実施地   実施月日       申請書提出先            申請期間(申請方法)
埼玉県 8月30日〜9月2日   (社)さいたま市防火安全協会   7月8日〜21日(持参or郵送)
千葉県 8月3日〜6日      (財)千葉市防災普及公社      6月21日〜30日(郵送)
東京都 7月27日〜30日    公益(財)東京防災指導協会    6月7日〜15日(持参or郵送)
東京都 9月14日〜17日    公益(財)東京防災指導協会    8月2日〜10日(持参or郵送)
京都府 7月27日〜30日     (財)京都市防災協会         6月11日〜25日(郵送)
大阪府 7月20日〜23日     (財)大阪市消防振興協会      6月14日〜 7月2日(持参or郵送)
福岡県 9月28日〜10月1日  (財)福岡市防災協会         8月10日〜25日(持参or郵送)

講習案内等詳細は
(財)日本消防設備安全センター
http://www.fesc.or.jp/

2010年5月31日発信

 
会社案内お問い合わせ