日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

OKI、改正省エネ法に対応した
次世代型環境情報収集ASPサービス「Webセンシング(TM) Ver.2」


 OKIグループでネットワーク関連のソリューションおよびサービス事業を展開する沖電気ネットワークインテグレーション鰍ヘ、2010年4月に施行された「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(以下、改正省エネ法)にあわせ、大幅な機能強化を行った環境情報収集サービス「Webセンシング(TM) Ver.2」を提供開始。
 改正省エネ法への対応はもちろんのこと、オフィスや店舗などにおける環境情報の「見える化」に加えて「見せる化」「見てる化」「見えた化」を実現し、お客様の最適な環境経営ライフサイクルマネジメントを支援。
 現在、地球温暖化などの地球環境問題が深刻化し、改正省エネ法や東京都をはじめとする各自治体における地球温暖化対策の推進に関する条例など、環境に関する法整備が進んでいる。
 このような状況の中で、企業は「環境情報の見える化・測定・評価」「CO2の削減」などの環境対策に向けた具体的な取り組みを迫られている。
 また、2010年4月に施行された改正省エネ法では、従来の「工場・事業所単位」から「事業者単位」への規制対象が拡大されたため、企業は各拠点の電力やガスなどのエネルギー使用量を集中管理することが必要となった。
 従来、提供してきた「Webセンシング」は、オフィスや店舗などに電力やガスなどの環境情報を計測するため、必ず専用機器を設置する必要がある。
 新しく提供を開始する本サービスでは、お客様自身が管理画面からエネルギー情報を入力できる機能を新たに追加することにより、エネルギー使用量の少ない拠点には専用機器を設置せずとも計測データの記録・保存ができるようになった。
 これにより、導入にともなう初期費用を抑えながら、企業全体で環境情報の一元管理を行え、改正省エネ法で義務付けられている環境報告書に必要な情報についても、すぐに参照できる。
 また、各拠点で収集したエネルギー使用量をお客様が設定した延床面積や生産数量などの単位で、表示することが可能となり、各拠点のエネルギー効率を正確に把握することができる。
 これによりエネルギー消費効率が良くない拠点への省エネ対策を集中的に行える。
 さらに、各拠点から収集したデータをもとに、お客様が詳細な分析を行えるよう各種分析機能も提供するため、より具体的な省エネ対策を行うことが可能となる。

 沖電気ネットワークインテグレーション
http://www.okinw.co.jp/

2010年6月14日発信

 
会社案内お問い合わせ