日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

国土交通省は航空機のテロ防止策で
「ボディースキャナー」の実証実験を開始

  国土交通省は、航空機のテロ防止策のため、搭乗客の衣服を透視し、金属探知機で検知できない液体や化学物質などの不審物を調べる「ボディースキャナー」の実証実験を成田空港で開始した。
 9月10日までに透視方法の違う5機種を試し、乗客の反応などを聞き取り調査し、導入の可否も含め検討する予定。
 実験が始まったのは、電磁波の一種で人体に影響のない「ミリ波」を照射する米国製の機種。
 乗客が指定された場所に立つと、前後の検知器がスライド。
 モニター上では、体はアニメーション化され、隠した物があると機械が自動判別し、表示する。  
 設置したのは第1ターミナルビル南ウイング保安検査場入口前。
 搭乗客が実験に応じるかは任意だが、通常の金属探知機による保安検査も受けなければならない。
 
実証実験の対象となる機種は、
1)ミリ波を人体に照射するアクティブタイプで、鮮明な画像が直接調査員の目に触れることなく、機械内で自動検知する機種。
 L3社(米国)アクティブ型ミリ波 自動検知式 ProVision ATD 。
2)人体が発するミリ波を検知するパッシブタイプで、我が国で研究開発している機種。
 東北大学、中央電子、マスプロ電工パッシブ型ミリ波 MP12。
3)人体が発するミリ波を検知するパッシブタイプ。
 プリジョー社(米国) パッシブ型ミリ波 SAFE SCREEN。
4)ミリ波を人体に照射するアクティブタイプであって鮮明な画像が映し出される機種。
 スミス社(独) アクティブ型ミリ波eqo。
5) 人体が発するテラはを人体が発するテラ波を検知するパッシブタイプ。
 スルービジョンシステム社(英国) パッシブ型テラ波T8000。

 以上の5機種のうち体のラインが鮮明に出る機種は、プライバシーに配慮して画像の顔にぼかしを入れるほか、別室の画像分析担当者は被験者と同じ性別とする。
 5機種とも画像は破棄する。

国土交通省

2010年7月20日発信

 
 
会社案内お問い合わせ