日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

(社)日本防犯設備協会総会開催される
防犯設備士20,000人達成
RBSS認定累計141型式

 (社)日本防犯設備協会は、去る6月9日、東京千代田区の九段会館で平成22年度通常総会を開催した。
 平成21年度事業報告ならびに収支決算報告、公益法人移行に係る新定款案がそれぞれ原案通りに承認された。
 また、任期満了に伴う理事および監事の改選によって、理事33名、監事2名が選任された。

新役員は次の通り。
会 長 岩佐次夫氏(パナソニックシステムソリューションズジャパン)
副会長 天野實氏(鞄立製作所)     
     真崎俊雄氏(鞄月ナ)     
     星野将氏(綜合警備保障)  

 第13期役員体制の発表後、岩佐新会長は「公益法人移行という大きな節目の年に会長に就任することを光栄に思う。
 協会の事業基盤をしっかりと引継ぎ、安心・安全な街づくりに貢献できるよう尽力したい。」と抱負を述べた。
 下村会長は、「平成20年6月に会長に就任、中期計画(平成20〜22年)をスタートさせ、RBSS(優良防犯機器認定制度)をたちあげ、新法人への移行作業を開始したことなどが大変印象深い。ここまで進めてこられたのも、関係者の温かく力強いご支援の賜物と感謝している。新会長はじめ新役員にはさらなる国民の安全・安心のため新法人日本防犯設備協会の発展に尽力してもらいたい。」との退任の挨拶を述べた。
 それを受け、岩佐新会長も、「新法人移行への大きな節目の年に会長に就任することを光栄に思う。前会長の意思をしっかりと引継ぎ、さらなる協会の発展に尽力していきたい。」と抱負を述べた。
 また、警察庁生活安全局生活安全企画課の砂川課長より、「刑法犯認知件数は7年連続で減少傾向にあり、本年度も5月末時点で前年対比8%減少している。しかし、昨年1年間で住宅対象侵入窃盗は81,000件も発生しており、1日210軒の家が被害にあうといつ状況にあり、安心して暮らせる環境にはいまだ至っていない。防犯ボランティア活動が活発になってきている。警察としても積極的に支援していきたい。防犯設備協会にも様々な防犯対策を提供していただきたい。」との挨拶があった。
 その後、懇親会では、警察関係の方々や会員相互の和やかな歓談の中で、親睦を深め盛会のうちに終了した。

(社)日本防犯設備協会
http://www.ssaj.or.jp

2010年7月5日発信

 
 
会社案内お問い合わせ