日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

2010年版警察白書 犯罪のグローバル化の脅威
捜査手法の高度化や外国の治安機関との連携

 警察白書によると、経済のグローバル化や情報通信技術の発展に伴い、国境を越えて外国人犯罪組織が結びついている。
 それにより、国際窃盗団など新たな犯行手口が広がり、国内への重大な脅威となっている。
 その対抗手段として捜査手法の高度化や外国の治安機関との連携の重要性を強調している。
 わが国における来日外国人犯罪を取り巻く状況については、来日外国人犯罪の検挙件数、検挙人員等の統計上の数字だけでは把握できない「犯罪グローバル化」というべき状況が見られ、治安に対する重大な脅威となっている。
 過去の来日外国人犯罪においても、短期滞在の在留資格等により来日し、犯行後は本国に逃げ帰るいわゆるヒット・アンド・アウェイ型の犯罪や、地縁や血縁を中核として統合した来日外国人の犯罪等、治安を脅かす事案はみられた。
 しかし、最近の来日外国人犯罪は、単発的な犯罪が目立った平成初期の状況とは全く異質のものであり、次の(1)から(3)のように、世界的規模で活動する犯罪組織のわが国への浸透、犯罪組織の構成員の多国籍化、犯罪行為の世界的展開といった特長を持ち、より深刻化を増している。

(1)世界的規模で活動する犯罪組織のわが国への浸透
 外国に本拠を置く犯罪組織がわが国に忍び寄っている状況は、以前からも見られたが、最近では、世界的規模で活動する犯罪組織が、わが国を新たな標的にするとともに、わが国の犯罪組織等を相互に連絡・補完を図りつつ、より大規模かつ効率的に犯罪を敢行している。

(2)構成員の多国籍化
 来日外国人で構成される犯罪組織についてみると、以前は、地縁や血縁を中核にして結びついていたものが主であった。
 最近では、より巧妙かつ効率的に犯罪を敢行するため、様々な国籍の構成員が、それぞれの特性を生かして、役割を分担するなど、国籍等にかかわらず結びついており、犯罪組織の構成員が多国籍化している。

(3)犯罪行為の世界的展開
 犯罪行為の発生場所が日本国外に及ぶ事案は過去にもみられたものの、その地域は被疑者や被害者の出身地等であることが多かった。
 しかし、最近では、犯行関連場所が、日本国内にとどまらず2、3か国に及んだり、被疑者や被害者との関係を有しない地域であったりするなど、犯罪行為が世界的に展開されている。

警察庁

2010年8月23日発信

 
 
会社案内お問い合わせ