日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

小学1年生を子どもに持つ母親の防犯グッズ利用の意識調査
高機能を求める母親の実態が明らかに
ママが「あったらいいな}と思う防犯機器・サービス

 

  鰹ャ学館の小学1年生編集部は、現在防犯グッズを利用している新小学生1年を子どもに持つ母親400名を対象に、防犯グッズ利用に関する意識についてインターネット調査の結果を発表した。
 調査では、子どもに持たせている防犯グッズの機能として、「備わっていたら良かった」、「今思うと欲しい」と考える機能等について、第1位は、「CPS機能」85.3%、第2位は、「より壊れにくい強度」79.3%、第3位には、「通話機能」75.8%、そして第4位には「警備会社に直接通報、駆けつけるなどの高度なサービス」68.8%と防犯グッズに高機能を求める母親の実態が明らかとなった。
  次に、子どもの「安全・防犯」面において心配、不安視していることの質問には、「交通事故」87.0%、「犯罪や事件に巻き込まれること」85.0%、「通学の安全」73.5%。
 小学校の「安全・防犯」への対応については、86.8%の母親が満足していると回答、反面、「防犯に関わる知識や対処方法を指導」50.3%、「通学路の危険箇所など安全指導」48.3%、「通学路や遊び場所などを巡回」46%など、こどもへの安全指導の要望は高い。
 防犯グッズに対する安心感についての質問に、「安心感が増した」と回答した母親は、高機能ではない防犯グッズ利用者では29.2%である一方で、高機能防犯グッズ利用者では47.5%もの母親が安心感を得ている。
 「安心感が増した」点について「通学路の安全・安心」58.9%、「犯罪や事件に巻き込まれる危険性」51.6%が半数以上で上位に挙がるなど、子どもの「通学路」での「安全・防犯」について高機能防犯グッズを頼りにしている傾向がみられた。

小学館「小学一年生 子供のための安全防犯大百科」
http://family.shogakukan.co.jp/special/safety/

2011年1月24日発信

 
会社案内お問い合わせ