日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

「証拠映像を残す」ことに特化した
格安監視カメラクラウドサービスが登場!
『用心防』サービスを開始

 

 潟ービーは、録画を重視し、インターネット上から監視カメラの「Live映像」と「録画映像」の閲覧ができるクラウドサービス『用心防』を提供開始。
 録画した映像は、クラウド型での監視カメラサービスでは他にない1秒15コマの高品質でサーバーに保存される為、どんな些細な動きも見逃さない。
 また、『用心防』では専用の会員WEBサイトを通して、いつでもどこでも監視カメラのLIVE映像はもちろん、保存した映像も閲覧することができる。
  インターネットの特性を生かし、防犯カメラ以外に業務管理や設備監視、映像配信などにも利用できる。

◆『用心防』の背景とコンセプト
  昨今不況の影響から治安は悪化傾向の中、自治体や商店街、さらには海外進出企業を中心にセキュリティへの関心は年々増え続けている。
 なかでも監視カメラは「設置することで犯罪の抑止効果を狙えるのでは」と、注目を集めている。
 このため、昨今の防犯を意識したカメラサービスにおいては、ネット経由でリアルタイム映像を閲覧できるサービスが増えている。
  しかし同社では、防犯カメラの本来の設置目的は「防犯」ではなく、「何か問題が起こった後に証拠として利用出来る録画映像を残す」ことであると考え、録画機能を重視した監視カメラクラウドサービス『用心防』を開始することとなった。
 『用心防』は専用の会員WEBサイトを通して、いつでもどこでも監視カメラのLIVE映像と録画映像を閲覧できる月額契約サービス。
1) 機能は2種類のみ!
 安価な定額料金を実現 「Live映像」と「録画」の2機能のみ。
 カメラの遠隔操作やメール配信等の機能を一切なくした、シンプルなサービスにとどめた。
 そのため、1秒15コマ録画の高品質サービスでありながらも、月額7,560円と平均市価の約2割(同社調べによる平均市価は、約34万円)という安価で提供することが可能となった。
2) 高品質の録画映像
  Live映像と録画、共に1秒15コマの高品質映像。
3) 設置はカメラのみ
 指定のカメラをインターネット回線に接続するのみの簡単設定。
 データは同社サーバーに保存するので、サーバー管理者がいなくても利用できる。
4) ネット経由でカメラ映像確認
  専用の会員WEBサイトを通して、いつでもどこでも映像を確認。
 映像を一般公開する等の希望者には個別相談。

潟ービー
http://www.yojinbo.net/

2011年1月31日発信

 
会社案内お問い合わせ