日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

緊急地震速報に連動した安否確認システム
「スイフトメール(SWIFT MAIL)」を提供開始

 緊急地震速報システム導入支援のテレネット鰍ナは、緊急地震速報に連動した安否確認システム「スイフトメール(SWIFTMAIL)」の提供を開始した。

◆「スイフトメール」について
 緊急地震速報と安否確認システムとの両方を瞬時連動させる事で、大規模地震の際に、社内にいる方向けに館内放送で建物全体に緊急地震速報が流れるだけでなく、社外にいる方には会社から安否確認メールが一斉自動配信ASPシステムにより携帯電話などに届き、あらかじめ設定したグループごとに安否確認の集計が出来る。
 これまでは、緊急事態時に防災担当者の出社までの所要時間に拠るところが大きく、遅れの生じることがあった大規模災害時の初期動作だが、同システムの導入で一連の動作が自動化されることにより、地震発生直後から会社の初期対応までを迅速かつ確実に行なうことが出来るようになった。

◆主な特長は下記の通り。
@システムの動作レベルを設置場所ごとに細かく設定出来るので、事業所別に例えば震度4が予測されたときは館内放送が鳴るだけに限定し、震度5以上では館内放送の鳴動と同時に関係者全体に安否確認メールが一斉自動配信されるように設定しておくなど、会社に合わせたきめ細やかな使い方が可能。
A緊急地震速報受信機の種類を選ばないため、既に緊急地震速報受信機がある場合には、既存機器を買い換える必要がなく使用できる。特別なサーバの用意も不要。
B安否確認の配信方法においては、配信先のメールアドレスを利用しないASPシステムを採用しているので、配信先全員のメールアドレスの登録や更新作業といった煩雑な作業手間がかからない。また暗号化により個人情報漏洩のリスクがなく、安心。
C「スイフトメール」を利用して、緊急地震速報から安否確認集計まで一連の動作での防災訓練を定期的に行ない、防災対策として役立てることも出来る。 

テレネット
http://www.bousaitaisaku.com/

2011年3月28日発信

 
会社案内お問い合わせ