日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

交通警備、機械警備等での連絡手段に
特定小電力トランシーバ「FTH-80」

 潟oーテックススタンダードは、免許や資格が不要で、中継器によるエリア拡張など、業務用通信のための多彩な機能を備えた特定小電力トランシーバ「FTH-80」を発売した。
  「FTH-80」は、ビジネスのあらゆるシーンにフィットするよう、機能とデザイン、そして使いやすさを追求した特定小電力トランシーバ。
 より広いエリアをカバーし、通信のデッドポイントを解消するための中継器に対応している。
 屋外での使用に適したIPX5 (防噴流形)相当の防水性と、騒音の多い場所でも重要な連絡が聞き取りやすい大音量スピーカ、通信の状態がひと目でわかる大型LEDインジケータ、常にチャンネルや音量などを表示するディスプレイなど、堅牢性と使いやすさを追求し、手持ちのホールド感に優れたデザイン。
 そして、ビジネス通信に必要となる多くの機能を、場面に応じて、簡単に素早く使用できるよう、操作性も細部まで工夫している。
 また、アルカリ単3乾電池2本で約60時間の使用ができる省電力設計でロングバッテリーライフを誇る優れもの。
 ボディカラーは、多くのビジネス現場で支持されるブラックと、販売業や接客業などには周囲の雰囲気に馴染むシルバーの2色を用意し、用途に合わせて選ぶことができる。

◆FTH-80のおもな特長は下記の通り。
@400mW出力の大音量スピーカ。
  省電力設計でありながらも大音量再生を実現。
 クラス最大の400mW出力のスピーカを採用し、屋外や騒音下でもたいせつな連絡を、はっきりと再生。
A見やすい大型LEDインジケータと音量を表示する大型ディスプレイ。
 大型LEDインジケータでは、送受信の状態が明確にわかる。
 また大型液晶ディスプレイではチャンネルはもちろん、音量が常に見やすくはっきりと表示され、設定の状態もすぐに確認できる。
B通話エリアを拡大する中継通信対応。
 より広い通話エリアをカバーし、多層階のビルの中や別棟との通信などにも拡張できる中継通信用のチャンネルを装備。
Bかんたん操作、シンプルなキーレイアウト。
 音量調節ツマミ、送信ボタンなど、触る頻度の多いキーは大きめに。
 前面にはチャンネル選択やモード設定のためのアップダウンキー、モードキー、電源キー、エマージェンシーキーのみのシンプルなレイアウト。
C単3乾電池わずか2本で約60時間使用できる、省電力設計。
 アルカリ単3乾電池がわずか2本で約60時間も使用できるロングバッテリーライフ設計(イヤホン使用、LED OFF 設定時)。
 別売オプションの繰り返し充電ができるリチウムイオン電池パックも使用できる。
D雨でも安心、IPX5相当(防噴流形)の防水レベル。
 突然の雨にも対応できる防水設計。
 水しぶきがかかったり、水をこぼして濡らしたりしても影響なし。
 水産加工、食品製造、洗浄工程などのある工場などでも、安心して利用できる。
E緊急の状態を知らせるエマージェンシー機能。
 緊急の状態を周囲に知らせたい時、EMGボタンを押せばアラーム音が最大音量で鳴り響く。
 また、あらかじめ設定した緊急連絡用チャンネルに切替えることもできる。
F142通りのグループ通信。
 任意の相手とだけ通信ができるグループ通信機能を使うと、必要な内容を必要な人だけに伝えることができる。
 グループはトーン方式で38通り、DCS方式で104通り、合計142通りもの設定が可能。
G受信専用モードを搭載し、ガイドシステム子機としての利用も可能。
H圏内/圏外表示を自動表示するコールバック機能。
I同じグループ設定時に空きチャンネルを自動で探すオートチャンネルセレクト機能。
Jボタンを1度押すだけで送信状態を維持するPTT ホールド機能。
K周囲の騒音の状況に応じて、適切なマイク感度に自動で切替わる、自動マイク感度切替え機能。
Lハンズフリー通話ができる、VOX機能。
MRoHS指令に対応し、人の健康や環境への負荷低減を考慮など。

潟oーテックススタンダード
http://www.vxstd.com/jp/

2011年3月28日発信

 
会社案内お問い合わせ