日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

ドコモとシマンテックがノートパソコン向け
情報漏洩対策ソリューションを共同開発

 潟Gヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)とシマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation)(以下、シマンテック)は、ノートパソコン向けに情報漏洩対策ソリューションを共同で開発することに合意した。
 今後両社は、2011年度第2四半期のドコモによる情報漏洩対策ソリューションの提供開始を目指し、開発を進める。
 同ソリューションは、ドコモのFOMA(R)ネットワークを通じて、遠隔でノートパソコンの起動をロックしたり、ノートパソコンのハードディスク内のデータを無効化することで、ノートパソコンの紛失・盗難などによる情報漏洩を防止するソリューション。
 具体的には、パソコンの起動をロックし、暗号化されたハードディスクへのアクセスを無効化する「インテル(R) アンチセフト・テクノロジー」に対応したノートパソコンに対し、シマンテックのハードディスク暗号化、及びデータへのアクセスを遠隔から制御するソフトウェアである「PGP(R) Whole Disk Encrypttion with Remote Disable & Desroy」とドコモのFOMAネットワークが連携し、SMSメッセージを送信することで、ノートパソコンの起動ロック及びハードディスク内のデータへのアクセスを無効化する。
  また、本ソリューションのSMSメッセージはローミングにより海外へ送信することもできるので、日本国内だけでなく海外での紛失・盗難対策にも利用できる。
 SMSメッセージを受信する通信モジュールは、エリクソン社製の3G対応通信モジュール(エリクソンモバイルブロードバンドモジュールF5521gw)を予定しており、ノートパソコンの電源が入っていない状態でも遠隔で無効化することが可能。
 また、本モジュールを搭載し、「インテルアンチセフト・テクノロジー」に対応したノートパソコンであれば、パソコンメーカーに関わらず利用可能。
 ノートパソコンを社外へ持ち出し、業務の効率化と生産性の向上が求められる一方、ノートパソコンの紛失や盗難による機密情報の漏洩リスクにより、多くの企業がノートパソコンの社外への持ち出しを禁じている現状がある。
 ドコモとシマンテックは、本ソリューションの開発により、ノートパソコンの盗難・紛失時の情報漏洩を防止しつつ、ノートパソコンの社外利用による企業の業務効率化と生産性の向上に貢献する。

シマンテック・コーポレーション
http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/
release/article.jsp?prid=20110210_01

2011年3月7日発信

 
会社案内お問い合わせ