日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

東北地方太平洋沖地震被災地の救援支援、復旧・復興支援として、
日立情報と日立電サが共同でICTサービスを無償提供

 鞄立情報システムズ(以下 日立情報)と、日立電子サービス梶i以下 日立電サ)は、東北地方太平洋沖地震により被災され、ITシステムの早期復興を望む顧客向けに、両社の強み・ノウハウやITリソースを生かしたICTサービスを連携して提供することにより、迅速かつ的確な復興支援をワンストップで行う。
 日立情報では、被災された地域の皆様、自治体、企業などの復興支援として、短期間でICTを利用できるメニューを「災害復興支援サービス」として無償提供。
 また、今回の未曽有の震災から被災地が一日も早く復興できるよう、クラウドの提供技術、ネットワーク・セキュリティ技術等を結集し、災害復興支援とIT基盤の災害対策強化に向けての取り組みを行っている。
 日立電サでは、被災された地域の行政機関・病院・企業などの復興支援として、日立電サが管理する国内2か所のデータセンタによるSaaS型データバックアップ支援を6カ月間、無償で提供。
 また、一刻も早い被災地域の復旧に向けて、日立電サグループの力を結集し、社会インフラとなるシステムの復旧に最優先で取り組んでいる。
 両社は、システム導入時のコンサルティングから運用・保守に至るITライフサイクル全体をサポートするワンストップソリューションの提供体制を強化するため、2011年10月1日付で合併することを3月に発表した。
 同時期に、被災された日立情報の顧客である自治体に日立電サよりパソコンを無償提供するなど、復興支援に伴う連携をスタートした。
 こうした背景により、両社では、被災地の早期復旧・復興を支援するため、10月の合併に先駆けて、災害復興支援サービスを連携して提供していくことを決定した。
 まず第一弾として、両社が提供している災害復興支援サービスを融合し、体系化するとともに、ITリソース復旧関連サービスとして、「Google AppsTM 提供サービス」、「SaaS型案件情報共有システム」、「メールセキュリティ on-Demand」、「Webセキュリティ on-Demand」の4つの無償サービスを新たに提供開始するなど、ラインアップを拡充した。
 これにより、両社が持つ災害復興支援サービスを相互の顧客に紹介するだけでなく、ITのライフサイクルすべてをワンストップで提供することが可能となり、被災地の迅速な復旧・復興をITサービス面からサポートしていく。

鞄立情報システムズ
https://www.hitachijoho.com/form/faindesk/ask_shien.html

2011年4月11日発信

 
会社案内お問い合わせ