日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

「Diskeeper(R)2011日本語版」パッケージ版 4月28日新発売
ディスクアクセス削減/断片化防止機能搭載

 相栄電器鰍ヘ、DiskeeperCorporation(本社:アメリカ、カリフォルニア)がリリースする「Diskeeper2011 日本語版」のダウンロード版に続き、パッケージ版の日本国内販売を2011年4月28日より開始する。
 また、ボリュームライセンス販売につていは準備が整い次第開始する予定。

◆Diskeeper 2011について
  Windows用デフラグ(ハードディスク最適化)ツールDiskeeperに新機能を搭載したDiskeeper2011(ダウンロード版)は、3月28日より販売、好評だが、この度パッケージ版として4月28日に発売を開始する。
  Diskeeper 2010では、IntelliWrite(TM)(インテリライト)と呼ばれる革新的な技術により、ファイルの書き込みをインテリジェントに制御し断片化の発生を最大85%防止ししたが、更にDiskeeper2011の新機能Instant Defrag(TM)(インスタントデフラグ)は、IntelliWriteとの併用により、防止できなかった断片化データを発生即座に解消できるようになった。
  従来より、ホームユーザー、パワーPCユーザーはもとより、法人への導入が進んでいるDiskeeperだが、InstantDefragや新たなデフラグオプション(推奨モード)の搭載、ならびに前作から好評のIntelliWriteにより、Enterpriseやデータセンターで使用される大規模なストレージにおいてもさらに効果的な最適化を実現した。
 また、パフォーマンスを低下させるディスクアクセス(I/O)処理を最大40%削減することにより、バックアップ時間も最大30%短縮を実現、削減されたI/O数など、投資効果を確認するためのレポート機能も強化し、改めて日本法人市場への訴求を行った。
 すべてのWindowsユーザーに完璧なパフォーマンスソリューションを提供し、いまやDiskeeperはセキュリティソフトと並んでコンピューターに必須のユーティリティーとなっている。

◆Diskeeper 2011 の主な特長
@IntelliWrite(断片化防止機能)搭載
AInstant Defrag搭載
B完全自動処理
Cデフラグのオプション
D節約されたディスクアクセス(I/O)の可視化
EI-FAAST(R)
FTerabyte Volume Engine(TM)
GTitan Defrag Engine(TM)

相栄電器
http://www.sohei.co.jp/software/diskeeper/index.html

2011年4月18日発信

 
会社案内お問い合わせ