日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

USB・データ・紙文書からの情報漏えいを防ぐ
法人向けソリューション「Tri-De DataProtect」新発売

 潟Wャストシステムは、法人向けセキュリティ製品「Tri-De」シリーズの第2弾として、USB・データ・紙文書からの情報漏えいを防止するのに必要なツール群をワンパッケージにし、低コストですぐに運用開始できる法人向けソリューション「Tri-De DataProtect」を新発売。
 一台からすぐに導入できる「基本ライセンス」と、管理者が全パソコンに統一したセキュリティ設定・運用が行える「拡張ライセンス」を用意している。
 「基本ライセンス」は、価格が8,000円(税別)/1ライセンスで6月9日(木)より発売、「拡張ライセンス」は、価格が6,500円(税別)/1ライセンスで、10月より発売。  現在、情報漏えい経路はUSBデバイスや紙媒体など多様化している。
 多くの法人が対策の必要性を認識しながらも、既存システムとの検証に手間が掛かり、導入や保守にかかる費用が高額となるため、導入が進まないという問題が生じていた。
 そこで、同社では、既存システムとの複雑な検証の必要がなく、情報漏えい対策に必要なツール群を低コストで導入でき、すぐに運用開始できるソリューションとして「Tri-De DataProtect」を新たに製品化した。

◆必要なツール群を一括して低コストで導入し、すぐに運用開始。
 既存システムとの複雑な検証の必要なく、情報漏えい対策に必要なツール群を一括して導入できる。
 年間保守料は不要で、専用サポートを受けることができる。

◆情報漏えいの主要経路に対してしっかりとした対策が可能。
◎USBからの情報漏えい対策
 USBデバイスへのファイル書き込み時にパスワード設定が必須となり、AES256 bitの高度な暗号化でデータを守る。
 「拡張ライセンス」を利用すれば、未許可のUSBデバイスをつなぐと画面・操作をロックする機能や、USBデバイスの接続状況やファイル操作ログを確認できる機能を利用できる。
◎データからの情報漏えい対策
 ドラッグ&ドロップするだけでファイルとフォルダーのzip圧縮・暗号化が行える。また、ファイルの完全消去が可能。
 加えて、同社が長年の研究・開発で培ったNLP技術を応用した「端末内個人情報検出ツール」を搭載している。ハードディスク内をスキャンし、個人情報を一定以上含むファイルを指摘して、個人情報の保有リスクを可視化。
 「拡張ライセンス」の利用により、コピー制限や画面キャプチャーの制限が行える。 
◎紙文書からの情報漏えい対策
  「拡張ライセンス」を利用することで、プリンターでの印刷禁止の設定やデジタルデータ(PDFファイル)への変換制限が行える。

◆管理ツールで組織内ルールを徹底。
  「拡張ライセンス」を導入すれば、管理ツールからのポリシー配信により、指定したパソコン内の「Tri-De DataProtect」の各ツールの設定を統一したり、一部機能を制限したりできる。組織内のルールを徹底し、セキュリティレベルを保つことができる。

潟Wャストシステム
http://www.justsystems.com/jp/products/tdp/

2011年4月25日発信

 
会社案内お問い合わせ