日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

紛失・盗難時でも安心な付加価値サービス
ビジネスモバイルパソコン「レッツノート」
ハードディスク遠隔消去サービスを開始

 パナソニック システムソリューションズ ジャパン鰍ヘハードディスク遠隔消去サービスの提供を開始した。これはパナソニック製法人向けビジネスモバイルパソコン「レッツノート」シリーズ向けにワンビ鰍ェ開発・販売するデータ消去関連ソフトウェア「トラストデリート※1」を使用したサービスとして提供するもの。
 同社ではITライフサイクル運用サービスとして、パソコンの運用管理(キッティング ・資産管理・ライセンス管理・セキュリティ牽制・保守サービス等)を実施しており、HDD遠隔消去サービスはその一環として新たに開始するサービス。
  同サービスを利用することにより、パソコンの紛失・盗難時、電源が入っていない状態でもハードディスクに保存されている個人情報や機密データなどのデータを遠隔消去することができ、情報漏洩のリスクの軽減が図れる。
 これにより安心して外出先などでパソコンが利用でき、業務の効率化と生産性の向上を促進することができる。
  サービス利用者は、最初にソフトウェア(月額利用料金に含まれます)を対象の「レッツノート」※2にインストールするだけでサービスの利用を開始できる。
 消去に必要な管理サーバ機器や運用管理は同社のサービスとして提供。また、実際の紛失・盗難時には同社が消去指示作業を実施するので消去指示にかかる人件費やサーバ機器の管理費などの運用コストも削減できる。
 高性能・軽量・長時間で頑丈な「レッツノート」に新たな付加価値も加わり、モバイルパソコンの使用範囲が広がる。

◆主な特長は以下の通り。
@ 3Gネットワーク※3を利用した遠隔での消去指示が可能。
A パソコンの電源が入っていない状態※4でも消去が可能。
B消去中はパソコンのバックライト・周辺LEDを消灯し、キーボード・タッチパッドなども操作不能となるため、消去作業の中断防止などが可能。

※1:「トラストデリート(TRUST DELETE)は、紛失または盗難にあったPCに保存されている個人情報や機密データなどを遠隔操作で消去するソフトウェアである。増加する企業PCの紛失・盗難による個人情報や機密データの流出防止に役立つ。
※2:対象の「レッツノート」は、CF-S9・N9・J9・F9・S10・N10・J10・F10シリーズの法人モデルになり、機種によりサービス開始月が異なる。また、3Gネットワークを利用した遠隔データ消去及び電源オフ状態での消去は、ワイヤレスWAN内蔵モデルに限る。
※3:第3世代移動通信の略称で国際電気通信連合が定める規格に準拠した通信システム。
※4:正常にWindowsが終了されていることが前提となる。以下の状態では消去指示を受け取る事が出来ない。(1)使用中にバッテリが切れて電源がオフ状態となった場合、(2)電源スイッチの長押しにより、電源をオフ状態にされた場合。

パナソニック システムソリューションズ ジャパン
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data
/data.dir/jn110422-4/jn110422-4.html

2011年5月16日発信

 
会社案内お問い合わせ