日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

クライアント/サーバ型のアプリケーションにも対応する
クラウド版シングルサインオンサービスを開発

 コンサルティングからアプリケーション開発、ハードウェア、ネットワーク、保守運用までトータルサービスを提供するジャパンシステム鰍ヘ、このほど、Webアプリケーションだけでなく、クライアント/サーバ型のアプリケーションへのシングルサインオンも実現するクラウド版のサービス「ARCACLAVISWays SSO(アルカクラヴィス ウェイズ エスエスオー)」を開発・提供を開始する。

◆「ARCACLAVIS Ways SSO」について
 複数のシステム、多くのアプリケーションを使っている企業や団体では、度重なるID・パスワードの入力とその管理の負担が増加している。
 また、数が増えてくることでメモ書きをしてしまい、漏えいのリスクも発生する。一方で、セキュリティのために厳格なルールを設けると、今度はシステム管理者・ユーザともに作業の負担が増加する。
 ICT、クラウド化が進む中、企業や団体では、業務の効率化とセキュリティの維持・向上の相反する2つの課題に直面しており、これらを解決すべく同社は「ARCACLAVISWays SSO」を開発した。

◆主な特長は以下の通り。
@ 代行入力型により、認証を必要とする社内外のWebアプリケーションはもちろん、従来のクライアント/サーバ型のアプリケーションに対応できる。
A 独自のパスワード自動生成・自動変更技術により、「パスワードを利用者に教えない」運用ができ、高いレベルのセキュリティを確保できる。また、ユーザのパスワード管理の悩みも解決できる。
B 多くのシングルサインオン製品はWebアプリケーションサーバへのエージェントのインストールやProxy設置によるネットワーク構成の変更が必要だが、本製品は代行入力型で不要なため、簡単に導入ができる。
  これらの特長により、ユーザは多くのID・パスワードを管理することから開放され利便性が高ままる。
 また、管理者は業務の4割とも言われているID・パスワードに関する問い合わせが大幅に減り、効率化が期待できる。

ジャパンシステム
http://www.arcaclavis.com/news/1932.html

2011年5月16日発信

 
 
会社案内お問い合わせ