日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

東日本大震災による被災世帯の復興を支援
生活支援サービス「セコム・ホームサービス」が
比較的被害少なく支援の手が届きにくい住宅への支援サービスを開始

 セコム鰍ヘ、「事業を通じて社会に貢献する」という基本理念のもと、生活支援サービス「セコム・ホームサービス」で、比較的被害が少なく、公的支援の手が届きにくい被災者の方を対象にした、被災地限定の新サービスと、復旧・復興に有効な既存のサービスの特別割引を、6月10日から12月末までの期間限定で開始した。
 東日本大震災の被災地では、がれきの撤去や津波被害のあと片づけが進められている。
 震災が発生してから3カ月が経過したが、これから本格的な復興時期を迎える。
 生活再建を行う上で、生活の場である住宅の早期片付けは不可欠である。
 同社は、地震発生後に被災地の顧客を訪問し、現地の要望を確認した結果、不用品の整理をしたり、重い家具や家財を動かしたりすることを家族で行うことは困難であり、専門的な訓練を受けた人手が必要だということが分った。
 特に、今回の被災地域においては高齢者世帯が多く、長引く避難生活のなかで体調を崩されている高齢者も少なくない。
 そういった方々にとって、重労働である自宅のあと片づけは大きな負担となっている。
 さらに、現在、ボランティアによる住宅復興支援が進められているが、比較的被害が少ない住宅については、ボランティアの手が届きにくいといったこともある。
 そこで家庭の家事支援サービスを提供している「セコム・ホームサービス」は、同社と同社が厳選した信頼できる地元のパートナー会社のスタッフとともに、被災地域に住む65歳以上の方を対象に、自宅の簡単な掃除など行う「おてつだいサービス」や、「大掃除のおてつだい」、壊れた塀の撤去や補強、門扉の交換などを行う「お庭のお手入れ」など、地域のニーズに適したサービスを新たに開発し、提供することになった。
 この地元のパートナー会社とともにサービスを提供することで、地域の経済活性化にも貢献できるものと考えての活動との事。
 また、新しいサービスに加え、被災後の住宅のあと片づけに特に役立つと考えられるサービスについては、通常料金の20%〜24%引きに設定した料金設定でサービスも提供。

「セコム・ホームサービス」
TEL 0800-555-5555(午前8時〜午後8時 年中無休)
http://www.secom.co.jp/homeservice/

2011年6月27日発信

 
会社案内お問い合わせ