日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

所定線量以上の被ばくに即座に反応、クレジットカードサイズの放射線線量計
RADView PD型線量計

日本通信エレクトロニック鰍ヘ、クレジットカードサイズの放射線線量計「RADView PD型線量計」の取扱いを開始した。
 「RADView PD」は、50mSvから1000mSvまで測定可能なクレジットカードサイズの放射線線量計。
 カード面上のカラーインジケーターで被ばく線量をわかりやすく表示。
 「RADView PD」を携帯することによって、携帯者が自分の被ばく線量をリアルタイムで確認することができる。
 また、付属のUVカットキャリングケースにより紫外線の影響を排除。
 屋外での使用も可能。
 なお、使用した「RADView PD」のスキャン画像から被ばく量を数値化するソフトウェアも提供予定。

◆主な特長は以下の通り。
@浴びた放射線量の積算値に比例して視覚表示
A被ばくエネルギー誤差は3%で、ヒトの皮膚との同等性が高い(第三者機関試験結果)
B線量計としての品質基準に合致(米国規格協会N13.11)
CISO品質管理基準に準拠した工場で製造
D米国国土安全保障省に基づく行動ガイダンスに準拠
E電源不要

日本通信エレクトロニック
TEL 03-3456-5721

http://www.jacom.com/company/t_7.html

2011年7月11日発信

 
会社案内お問い合わせ