日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

国内住宅用 単結晶無鉛はんだ太陽電池モジュール
「マルチルーフ」発売

 三菱電機鰍ヘ、国内住宅用太陽光発電システムの2012年度の新商品として、屋根への設置容量を増加できる単結晶無鉛はんだ太陽電池モジュール「マルチルーフ」の発売を開始した。
 ラインアップの拡充によりシステム発電量を向上させ、家一軒あたりの売電増加に寄与。

◆主な特長
1.多彩な形状のモジュールの組み合わせにより、屋根への設置容量を増加
 @212Wシリーズ
  ・ 従来品に比べて出力が2W向上した長方形モジュール
 ・ 寄棟屋根への設置に最適なハーフ・台形モジュールもラインアップ
 Aスリムモジュール168Wシリーズ
  ・ 奥行きは従来品よりも160mm短い698mmにし、切妻屋根のデッドスペースに設置可能
  ・ 212Wシリーズとの組み合わせにより限られた屋根面積を有効活用
 ・ 7,280mm×10,010mmの切妻屋根の場合、屋根への設置容量が従来品より約30%向上
2.独自のプラストレランス基準により、公称最大出力値以上の発電量を確保
  ・独自のプラストレランス基準により、すべてのモジュールが公称最大出力値以上を確保
  ・ システムとして公称最大出力値以上の発電量を期待できることから、売電増加にも寄与
3.積雪地域対応モジュールのラインアップにより、多雪地区への設置拡大
  ・プロテクションバーなどの剛性向上により従来品比30%増の積雪荷重4,800Paを実現
  ・ 従来品は垂直積雪量1.5m以下のところ、垂直積雪量2.0m以下の地域へ設置拡大

三菱電機
TEL 0573-66-2118
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2012/0411.html

2012年5月14日発信

 
会社案内お問い合わせ