日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

デュアルモードカメラフルモデルチェンジ
全機種48万画素で、より豊富なラインナップに

  VTCエクトロニクス鰍ナは、日本市場にあわせて開発された、電源重畳モードとDC12V電源モードの2つの電源方式を1つのカメラが自動認識するデュアルモードカメラを2009年から提供しているが、2013年11月7日よりこのデュアルモードカメラをフルモデルチェンジした。
  全機種48万画素の高画質となり、さらに屋外用IR照明が付いた機種も新たに発売されるなど充実したランナップで、早くも注目を集めている。
 『デュアルモード(電源重畳モード&DC12V電源モード)』は同軸ケーブル1本で映像・電源を送る電源重畳と、電源を別送するDC12V電源のどちらにも対応するものとして設置現場の要望に答えられるカメラとして好評だ。
 同社では、信頼性の高いものを作りたいとの熱意から、日本法人に開発部を設立し、カメラの電源ボードを日本で開発している。
  特に安全性が必要な電源ボードを日本で開発することにより、商品寿命を延ばすことに成功するなど、安全面を重視した信頼性の高い製品を提供している。
 今回のフルモデルチェンジでは、全機種48万画素の高画質に、また屋外モデルはすべてデイ&ナイトモデルに、そして、屋内・屋外問わず様々な用途に対応できる豊富なラインナップをとり揃えた。
 低価格ながら、高い信頼性を誇るのはもちろんのこと、施工が簡単であるという電源重畳のメリットを活かし、敷地面積の広いホームセンターや、郊外型書店、カメラ台数の多い工事を要する案件への導入にも有利で、コスト面から、従来導入が困難であった店舗の万引き防止といったローエンド市場にも対応できるコスト力をも併せ持っているのも大きな特徴といえる。

●デュアルモード デイナイト ボックスカメラ CR-NY10DN
 人気のCRシリーズが、有効画素数48万画素 CCD 採用、水平解像度 700TV本、高感度デイナイトに、高解像度を加えさらにパワーアップした。
  ICR デイ&ナイト機能により、夜間も高感度、高解像度撮影を実現した。
 DNR、プライバシーマスク、階調補正等、多彩な機能を搭載した。
・有効画素数48万画素CCDの採用により、水平解像度700本を実現
・従来のDIP SWの設定から、OSDによる画面設定に
・電源重畳でも使用できる、セカンドビデオアウト機能搭載
・デュアルモード電源方式採用 電源重畳モード&DC12V電源モード自動切り替え
・小型・軽量ボディで設置が簡単な上、耐久性に優れている
・DNR、プライバシーマスク、階調補正、ICRデイナイトと多彩な機能が満載

 VTCエクトロニクス
TEL 045-250-3822

http://vtc-jp.com

2013年12月16日発信

 
会社案内お問い合わせ