日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

昼夜問わず安定した映像を取得し、高精度な長距離監視を
実現することができる遠赤外線サーマルカメラ

 11月8日(金)に東京国際フォーラムにおいて開催された第11回「IP監視カメラシステム展示会 (ICE11)」のフリアーシステムズジャパン潟uースでは、FLIR PTシリーズ、FLIR Fシリーズ、そして新製品のFCシリーズSが展示された。
  赤外線カメラのリーディングカンパニーであるフリアーシステムズではIPネットワークに対応した監視用赤外線サーマルカメラを幅広くラインナップしている。
  物質が放射する赤外線エネルギー(長波長領域)を集光して、コントラストを形成するテクノロジーを用いた同社のカメラは昼夜を問わず、太陽光の反射、霧などの悪環境下にあっても、安定した映像を撮像できる。
 また、一般的なカメラより遠くの対象物をとらえることが可能なため、同じ広さのエリアをカバーするために必要な台数の削減などコストパフォーマンスに優れているのも特徴。
 さらに、重要施設等のセキュリティ用途では画像解析ソフトウェアとMilestone社Xprotectとの組み合わせで、高精度なシステムを構築することも可能だ。
  監視用赤外線サーマルカメラFLIR PTシリーズは、360°無限パンニングおよび上下各90°のチルトに対応している。
 その他、プログラムスキャン、レーダー接続「レーダースレーブ(スルートゥーキュー)」、アラーム機能など画像解析やビデオ管理ソフトウェアとの統合により、付加価値の高い機能を利用することができる。
 またすべての機能をIPネットワークないしはアナログネットワークで、制御することが可能。
 リーズナブルかつPoEに対応し、ネットワーク構築可能な固定式カメラFLIR FCシリーズSも新製品として注目を集めている。

 フリアーシステムズジャパン
TEL 03-6721-6648

http://www.flir.com/JP/

2013年12月2日発信

 
会社案内お問い合わせ