日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

高齢の親を見守るノウハウを集めた安全対策本
「あなたの親は大丈夫?高齢の親を守る安全生活ガイド」発刊

 セコム鰍フ「シニアの安全を考える委員会」が執筆した、高齢の親を見守るノウハウを集めた安全対策本「あなたの親は大丈夫? 高齢の親を守る安全生活ガイド」(本の泉社)が全国の大手書店で販売を開始した。
 同社では2009年に、高齢者への防犯・安全に関する啓発活動を目的に、「シニアの安全を考える委員会」を立ち上げ。
  その後、2010年2月に高齢者向けの安全対策本「狙われない!10のシニア防犯生活術」を発刊、同年11月にはシニア向け情報サイト「おとなの安心倶楽部」を開設。
 さらに、高齢者を対象とした防犯セミナーを開催するなど、高齢者の「安全・安心」な暮らしをサポートするさまざまな活動を行ってきた。
 同書は、「シニアの安全を考える委員会」が執筆する高齢者対策本の第2弾として、前者とは違う“高齢者を見守る家族の方に向けて”という視点で、さまざまな対策について紹介されている。
 執筆にあたり同委員会では、60〜90代の高齢の親を持つ40〜50代の男女200人に独自にアンケートを実施。その回答をもとに、高齢の親を持つ人々が何を不安に思っているかを調査。
 そして、防犯、防災、事故、病気、介護、認知症など、日常生活に関する問題を取り上げ、高齢の親を持つ人々に向けて、その対策、対処法、予防法を統計データやチェックシートを交え、分かりやすく紹介している。
 特に高齢者に被害が多い「振り込め詐欺」をはじめとした犯罪被害については、同社の研究所であるセコムIS研究所の研究員を含む同委員会のメンバーが、これまで培ってきたセキュリティのノウハウと独自の視点で、高齢者に求められる安全対策を紹介。
 また、病気・介護・認知症に関する章では、セコムグループでメディカル事業を担うセコム医療システム鰍窿Zコム提携病院などの協力のもと、専門的な知識を分かりやすく解説。

◆書籍名:「あなたの親は大丈夫? 高齢の親を守る安全生活ガイド」
 出版社:本の泉社
 発行日:2013年7月31日
 著者 :セコム梶@シニアの安全を考える委員会
 定価 :1,470円(税込)

 なお、現在実施中の「サマー・プラスキャンペーン」では、「セコム・ホームセキュリティ」の見積りを依頼したユーザー(マンションセキュリティシステムや、集合住宅向けのシステムは対象外)先着5000名に、同書または「バスクロック」を贈呈している。
 

セコム
TEL 03-5775-8100
http://www.secom.co.jp

2013年8月26日発信

 
 
会社案内お問い合わせ