日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

多様な撮影条件・設置環境に対応するボックス型カメラ
ボックス型のネットワークカメラ、アナログカメラ 15機種をラインアップに追加

 パナソニック システムネットワークス(株)は、映像セキュリティ関連製品として、ボックス型のカメラ 15機種(ネットワークカメラ 8機種、アナログカメラ 7機種)の発売を2014年11月から2015年1月にかけて相次いで開始する。
 ボックス型のカメラは、その形状から威嚇性を持つカメラとして、駐車場、通路、建物の外壁など屋外のさまざまな場所や、屋内では建物の出入り口や通路など、出入りする人の目につきやすい場所に設置するタイプとして、幅広く活用されている。
 今回、屋外、屋内のほか、暗い場所でも撮影可能な赤外線照明(IR-LED)を搭載したタイプなど、ネットワークカメラとアナログカメラの合計15機種を新ラインアップとして取り揃える。

◆主な特長
・さまざまな撮影条件・設置環境に対応するボックス型をラインアップに追加
 ネットワークカメラの中でもボックス型のカメラは、屋外でも屋内でも、人の目につきやすく威嚇性を持つカメラとして最も広く利用されている。
 屋外では、駐車場、通路、建物の外壁などに、屋内では建物の出入り口や通路などに、人の様子をより正面から撮影するカメラとして設置されているのがボックス型。
 このため同社ではボックス型として、屋内・屋外、設置場所の広さ、照明、求められる解像度に応じた機種を展開するとともに、以前からアナログシステムを含むラインアップを揃えている。
 特に、広い敷地などでもより遠くから被写体を撮影できる長焦点レンズタイプ(WV-SPW631LTJ)、照明が無いゼロルクス環境でも撮影可能な赤外線照明(IR-LED)を搭載したタイプ(WV-SPW631LTJ、SPW631LJ、SPW611LJ、アナログカメラでは WV-CW32L)なども揃えて、ユーザーニーズに応えている。
 新製品ラインアップでは、屋内用はさまざまな店舗やオフィスなどのインテリアにマッチしやすく幅広く利用できるセイルホワイト色を採用。  屋外用はアルミダイカストのボディをシルバーメタリック色で塗装。
 共通のスタイリッシュなイメージのカメラの中から、設置場所や用途に合った製品を選べるようにしている。
・新コーデックエンジンを搭載(ネットワークカメラ)(133dBのスーパーダイナミック機能、毎秒 60フレームの画像配信を実現)
 ボックス型のカメラが多く設置される建物の出入り口や通路などは、外部からの日差しや照明条件の変化など、厳しい撮影条件への対応を求められる場合が多くある。
 同社は新コーデックエンジンをボックス型ネットワークカメラの新製品すべてに搭載することにより、シャッタースピードの異なる画像の合成により照度差の大きい被写体でも画素単位で明るさを補正し撮影できる 「ダイナミックレンジ 133dBスーパーダイナミック機能」 や、すばやい被写体の動きもより確実に撮影できる「毎秒60フレームの画像配信」など可能。
・SR(Superior Reality)プロセッサ搭載で画質を強化(アナログカメラ)
 アナログカメラのシステムは、ネットワークカメラと比較して、画像など信号の遅延がほとんどなく、同軸ケーブル1本で 約500mまでの長距離配線にも適しているなどの利点から、依然としてアナログカメラでの設備更新の要望が数多くある。
  同社は、アナログカメラの新製品 7機種全てに SR(Superior Reality)プロセッサを搭載することにより、水平解像度 650TV本以上の高解像度、F値 0.95の明るいレンズを搭載した WV-CP65V などにおいて最低照度0.05ルクスの高感度を実現した。
 ネットワークカメラと併せて、アナログカメラについても主力のボックス型(7機種)を中心として、画質性能を強化した新製品ラインアップとして展開している。
 なお、アナログカメラは、ボックス型7機種に加えて、赤外線照明(IR-LED)付きの屋内ドーム型カメラ WV-CF31Lも発売する。

  パナソニック システムネットワークス(株)
TEL 0120-878-410

http://panasonic.biz/security/

2014年11月17日発信

 
 
会社案内お問い合わせ