日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

ASISインターナショナル日本支部
2014年12月特別講演

  一般社団法人ASISインターナショナルは、セキュリティとレジリエンスに関する米国標準と世界標準策定の先頭に立つASISインターナショナルのコミッショナー(特認理事)マーク・シーゲル博士の来日特別講演を開催する。
 マーク・シーゲル博士はリスク管理標準、レジリエンス標準、セキュリティ標準およびサプライチェーン管理標準などについての専門家であり、標準の導入段階における訓練手法についても数々の活動をしている。
 また、事業品質改善監査人(Certified Business Improvement Lead Auditor)およびセキュリティとレジリエンスに関する技能訓練・判定人(Certified Trainer and Skills Assessor)として世界的な評価を受けている。
 サンディエゴ州立大学特任教授として経営管理学科および修士課程における国土安全保障講座を受け持ち、リスク、レジリエンス、セキュリティ並びにサプライチェーンに関わるシステム的アプローチの研究が専門。
 多国籍企業数社のサプライチェーンに関するリスク管理でも共同研究を行っている。
 標準化の分野では、海外活動する民間軍事会社および警備保障会社についてのANSI標準作りで技術部会長とワーキンググループ長を務めているほか、ISO/PC284の座長でもある。
 主な著書に、「組織レジリエンス:不測の事態におけるリスク管理−実務者ガイド」(ジェイムズ・リフラー、マーク・シーゲル共著) Organizational Resilience: Managing Risks of Disruptive Events - A Practitioner’s Guide, by James Leflar and Marc Siegel, CRC Press, 2013がある。

◆特別講演
・日 時:2014年12月11日(木) 午後6時15分〜(6時受付開始)
・場 所:国際文化会館 2階 講堂(収容人員100名)
      東京都港区六本木5-11-16 (TEL: 03-3470-4611)
      http://www.i-house.or.jp/jp/ihj/access.html
・参加費:会 員 1,000円
       非会員 3,000円
・スケジュール
   6:00pm〜 受付
   6:15pm〜6:30pm 開会挨拶等(事務局より)
   6:30pm〜8:00pm スピーカーによる講演
   8:00pm〜8:15pm 質問・自由討論
   8:15pm〜 希望者による懇親会(1階レストランにて約1時間)
・講 師:マーク・シーゲル博士
      ASISインターナショナル コミッショナー(特認理事)
・演 題:「あなたの会社は、サプライチェーンの一番弱い『輪』になっていませんか…?」
       ASISインターナショナルによる米国ANSI標準「サプライチェーンリスクマネジメント」の勧め
・講演概要
 鎖(チェーン)を両端から強く引っ張ると、一番弱い輪が壊れる。
 つまり、「チェーンの強さ」は「一番弱い輪の強さ」と同じになる。
 サプライチェーンも同様に、サプライチェーンの中で一番弱い部分が、サプライチェーン全体の強靭さと同じになる。
 どの企業も、サプライチェーンのどこかの「輪」として位置づけられている。
 価値を生み出すサプライチェーンを管理するには、各要素の中身と要素相互の関係についての理解が欠かせない。
 講演では、このほど米国ANSI標準となったこの管理手法が、不測の事態からサプライチェーンをどのようにして守るのかを紹介する。
 標準には、ASISインターナショナル「サプライチェーンリスク委員会」による大小24の企業群への聞き取り調査に基づいた、実際に役立ったベストプラクティス集が掲載されている。
 なお、ASISインターナショナル日本支部は、2015年春から限定6ヶ月のネット公開を目指して、この標準の和訳を進めている。
・申込・問合せ
 申込み用紙に必要事項を記入のうえ、e-mail添付ファイルまたはファクスで以下まで送付。
 定員になり次第締め切る。

◆ASIS インターナショナル日本支部について
 ASIS インターナショナルは 1955年に設立された、世界最大のセキュリティ団体。
 産業セキュリティの分野で、情報提供や共有だけでなく、教育、出版、展示会なども運営することで、セキュリティ専門家の能力を高める事を目指している。
 ASIS インターナショナル日本支部も長年に亘り国内で活動してきたが、2010年2月に一般社団法人登録を行い、一般社団法人ASISインターナショナル日本支部として装いを新たにした。

  一般社団法人ASISインターナショナル日本支部 事務局
TEL 03-5437-1050 FAX 03-5437-1060
info@asis-japan.org

http://www.asis-japan.org

2014年11月17日発信

 
 
会社案内お問い合わせ