日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

簡単操作で高画質動画や静止画の同時記録と
再生が可能なメディカルビデオレコーダMDR-600HD発売開始

 池上通信機(株)は、高画質動画や静止画を同時記録および再生できるメディカルビデオレコーダMDR-600HDの発売を開始した。
 MDR-600HDはHD/SD-SDIやDVI-Dなどのマルチインタフェースを標準装備。
 各種映像信号を、簡単操作で複数メディアに同時記録。
 動画と静止画の同時記録および再生機能を備えた高性能ビデオレコーダ。
 内蔵HDDと2つの外部USBディバイスによる最大3つのメディアに同時記録することが可能。
 データの安全保存を考慮し、常に内蔵HDDに記録を行う。
 たとえ電源断が起きた場合でも、短時間電力保持が可能なため、データ欠損を最小限に抑えることができる。
 また、ワンプッシュの簡単操作で動画や静止画の記録開始が可能。
 フロントパネルに搭載された3.5型LCDモニタにより、記録中の映像をリアルタイムに確認できる。

◆主な特長
・高画質動画静止画記録・再生
 SDからHDまでの640x480〜1920x1080は入力解像度のまま、動画および静止画の同時記録、再生が可能。(1920 x1200は1728 x1080に縮小し記録される。)
 動画の記録中に静止画の記録も行える。
 また記録した動画並びに静止画の再生も行える。
・内蔵HDDと外部USBディバイスへの同時記録
 内蔵HDDと2つの外部USBディバイスにより、最大3つのメディアに同時記録することによりデータ保存の信頼性を高めている。
 内蔵HDDからUSBディバイスにデータをコピーできる。
・入力自動検出・解像度自動追従による簡単接続、簡単操作
 入力機器を接続することにより、入力信号種類、解像度を自動検出し直ぐ記録できる。
 また、動画記録開始は記録ボタンを押すだけの簡単操作、静止画記録は静止画ボタンを押すだけ。
・内蔵LCDモニタにて画像の確認、状況表示
 3.5型LCDモニタ搭載により、入力画像および再生画像の確認ができる。
 その他記録機の状態表示、記録ディバイスの残量等の表示が可能。
・内蔵HDDのS.M.A.R.T 情報
 内蔵HDDのS.M.A.R.T 情報を管理しているので障害確認や交換の目安となる。
・ネットワークへの画像転送(オプション)
 LAN による画像ファイル転送およびファイル読出し、USB ケーブルによる内蔵HDDから の読み出しが可能となる。
  FTP サーバ/ CIFS サーバに自動でファイル転送を行う。
 Mass storage device としてUSB Host からのファイル読み出しを許可する。  

 池上通信機(株)
TEL 03-5748-2271

http://www.ikegami.co.jp/

2014年12月15日発信

 
 
会社案内お問い合わせ