日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

自動で人を検知する画像監視装置「Smart Chaser」
ネットワークカメラ対応機を開発、発売開始

  住友電気工業(株)は、高度な画像認識技術を用いて、監視カメラ映像より自動で人を検知する画像監視装置「Smart Chaser」のラインナップとして、すでに発表しているアナログカメラ対応機に加え、ネットワークカメラ対応機を開発、販売を開始した。
 防犯・安全対策を目的に様々な場所で監視カメラの導入が進んでいる中、多くの場合、人の目による常時モニタリングや撮りためといった運用が行われている。
 人の目による常時モニタリングでは常時監視をする必要があるため効率が悪く、異常事態の見落としなど、監視の限界がある。
 またカメラ映像を撮りためているだけではトラブル発生後の事後確認のみでの活用となり、効果的な運用とは言えない。
 そこで同社は、高度な画像認識技術を用いた画像監視装置「Smart Chaser」を開発した。
 「Smart Chaser」は、ブラウザ上でカメラ設置条件、及び発報条件(侵入・滞留など)を設定し、固定された監視カメラと繋ぐだけで、画面内に映る動体の中から設定した発報条件に合致する人を高精度に検出することができる国内初の画像監視装置。
 検出された人物には「検出枠」が付加され、監視映像の視認性を高めることができ、追跡中は移動する人物の軌跡を表示することができる。
 さらに周辺機器と連携して、設定した発報条件に合致する人が出現した場合に、監視室での警報装置発報や、現場で光や音による威嚇装置作動などの動作も可能。
 このため、正確かつ効率的な監視運用が実現でき、犯罪や事故の未然防止、監視員の負荷軽減に貢献できる。
 同社は、2014年4月より「Smart Chaser」のアナログカメラ対応機を先行して発表しているが、今回、幅広い分野で画像監視が求められる中、アナログカメラからネットワークカメラへの移行ニーズや新設ニーズに応えるため、ネットワークカメラ対応機の発売を開始した。

◆主な特長
・高い検出精度
 「Smart Chaser」に搭載された画像認識技術は、カメラ映像の変化情報・学習データをもとに画面内で検出した動体の中から、木々の揺れや日照変化など様々な外乱要因を独自アルゴリズムで排除しながら、高精度に人物の動きのみを検出。
・既存のネットワークカメラ・アナログカメラへ簡単に後付け導入可能
 「Smart Chaser」は監視映像領域内の指定エリアに対する侵入検知を実現する有効なソリューション。
 人感センサの設置/施工に比べ「Smart Chaser」の導入は簡単で経済的。
・高度な監視システムを実現可能
 「Smart Chaser」を導入することで、監視機能に加え危険な状態の検知機能が備わる。
 見る・録るだけの監視から異常な状態を気付かせる高度な監視システムに更新することが可能。

 住友電気工業(株)
http://www.sei.co.jp/SmartChaser/

2014年12月1日発信

 
 
会社案内お問い合わせ