日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

素早く動く被写体を HDTV 720pの高画質で鮮明に捉える、
高フレームレートの固定ネットワークカメラ

 アクシスコミュニケーションズ鰍ヘ、新しい固定ネットワークカメラ、屋内用「 AXIS Q1614」、屋外対応「AXIS Q1614-E」の発売を開始した。
  素早い動きの被写体を鮮明に捉え、通常の 2倍のフレームレートで録画できる。
  逆光のような明暗の差が大きい場所やほとんど光の射さない環境といった複雑な状況にも対応可能で、交通や市街地監視、また産業向けの利用に最適だ。
 「AXIS Q1614」、「 AXIS Q1614-E」は HDTV 720pの高解像度で、従来の一般的なカメラに利用されていたフレームレートの約 2倍となる50fpsもしくは60fpsにて撮影し録画できる。
  例として、製造ラインのベルトコンベアーに乗ってさっと通り過ぎるような素早い動きの被写体であっても詳細を鮮明に捉え、識別の精度がより高まる。

◆厳しい光環境でも人や物体の識別が可能 }
 同社のワイドダイナミックレンジ ダイナミックキャプチャー(WDR)テクノロジーにより、「 AXIS Q1614」、「 AXIS Q1614-E」は太陽光が極端に明るい場所と暗い場所の両方を作り出すような、明暗の差が大きく複雑な光条件においても撮影可能。
 このような厳しい撮影環境にあっても黒潰れや白飛びさせることなく、均整な画像を提供。よって、被写体となる人や物体が監視エリアのどの明るさの地点にいるかにかかわらず、識別できるようになる。
 さらに、同社の Lightfinderテクノロジーにより、極端に光量の少ない環境においても効果的な監視が可能となる。
  暗闇で白黒映像に切り替わる従来の一般的なデイナイトカメラとは対照的に、 Lightfinderテクノロジーを搭載したカメラは、ごくわずかな光量でもカラー画像を提供。
  より正確な識別のためには、白黒ではなくカラー画像であることが重要な要因となる状況がよく見られるが、 Lightfinderテクノロジーにより、人や物体を効果的に識別できる可能性が大いに強化される。
  「AXIS Q1614」、「 AXIS Q1614-E」では、設置にかかる時間を短縮し、最適なカメラセットアップをサポートする革新的な設置機能が新たに導入された。カメラを水平に設置するためのアシスタント機能は、ブザーとライトの点滅により、設置者がカメラを正しく水平に取り付けることを支援。
  この機能は設置面のブラケットがまっすぐに取付けられているかどうかわからない時に大変役立つ。
  さらに、調節可能な高感度衝撃検知の機能を初めて搭載し、カメラが衝撃を受けた際、自動的に管理室へアラームを送信することができる。
  この機能は特に破壊行為が予想される場所において有効で、カメラのダウンタイムを最小限に抑えることに役立つ。
 同製品は「 AXIS Camera Station」や、同社の「 Application Devlopment Partner Program」を利用したサードーパーティ製アプリケーションによるビデオマネジメントソフトウェアを利用可能。
  また、ONVIFに対応している。

 アクシスコミュニケーションズ
TEL 03-5937-2700

http://www.youtube.com/watch?v=5ZcpqcjMJcY&list=UUCq_HU4Cqo2q01JS0oBMfVg

2014年1月14日発信

 
会社案内お問い合わせ