日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

5メガピクセル CMOSセンサー搭載シリーズ
Q25、M25、D25、T25、V15販売開始

  MOBOTIX AG(Langmeil, Germany) の日本パートナーである MOBOTIX JAPAN(K.J.フェロー)は、Q24の後継機種となるQ25M-Secなど5機種の販売を、2014年2月から開始する。
 同社の従来製品である、Q24、M24、D24、T24及びV14は、全て 5メガピクセル CMOSセンサーに変更し、新たに、Q25、M25、D25、T25、V15となりリリースされることとなった。
 これにより、同社の全てのシリーズのカメラは、 5メガピクセル CMOSセンサーを搭載することとなる。
 Q25、M25、D25、T25は全て、 MxLEO(低照度時の画像最適化)により、低照度時の画像のブレを抑えることができ、また、MxBusによるデバイス接続、或いは、カメラ本体にショックが与えられたときのショックディテクターが標準で装備されている。( D15、M15には既に標準装備済み)
 M25用には、L320レンズ(水平 7°×垂直5°)の望遠レンズを取り付け可能となる。( L320には専用レンズカバーが必要)。
 また、M25、D25、T25の動作温度は、-30℃〜+50℃となる。
 これまで、 Basic及びITタイプのカメラでは、VGAまでの映像を提供していたが、 Q25M-Basic、M25M-IT、D25MBasicの3機種では、5メガピクセルの CMOSセンサーを搭載して、 HD(1280×720)の画像を提供できるようになった。
 5メガピクセルの CMOSセンサーを使用しているため、 HDサイズで表示する際に、 HDサイズのセンサーの画像よりもクリアな画像を得ることができる。
 T25では、RFIDカードリーダや2Wire+、ボタン・モジュールなどを一つのボックスにまとめたセット品が販売開始となり、より購入しやすくなった。)

 MOBOTIX JAPAN(階.J.フェロー)
TEL 045-227-6174

http://www.mobotix-japan.net

2014年1月27日発信

 
会社案内お問い合わせ