日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

低価格で社内のサイバー攻撃対応訓練ができる
「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」登場!

 縁(えん)マーケティング研究所は、メールを介したサイバー攻撃「標的型メール攻撃」に対応するための社内訓練を、担当者自身の手で実施することができるよう、訓練実施の手引書やツールなど、必要なもの一式を揃えた「標的攻撃メール対応訓練実施キット」の販売を開始した。

◆「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」開発の背景
 増え続ける「標的型攻撃メール」から身を守るためには、「標的型攻撃メール」がどのようなものであるかを実際に体験する模擬訓練が効果的。
 しかし、専門の知識を持たない組織が訓練を実施するためには、専門の業者に依頼するしか方法がなく、数十万〜数百万円という費用負担の大きさから、中小事業所にとっては利用しづらい状況にある。
 このような背景から、訓練実施の手引書やツールなど、必要なもの一式をキットとしてパッケージ化することで、専門知識を持たない中小事業所でも、担当者自身が低価格且つ、手軽に訓練を実施することを可能とした。

◆「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」の特長
1.専門知識が不要
 訓練実施の具体的な手順を手引書にまとめているため、専門知識を持たない担当者でも、手引書に従って進めていくことで、訓練を実施することができる。
2.専用のシステムが不要
 訓練を実施するにあたって専用のシステムを用意する必要がない。
 訓練用の模擬メールの送信など、全ての作業は、Microsoft Excelが使えるパソコンが1台あれば可能。
3.ライセンスが不要
 訓練対象者数や、訓練実施回数に応じた費用体系ではないため、訓練対象者数や訓練回数に関わらず、キットの購入費用以外の費用は発生しない。
4.カスタマイズが可能
 訓練用の模擬マルウェアプログラムや事前教育用のコンテンツなどは、全てカスタマイズ可能なテンプレート形式で提供されるため、訓練実施に際して、利用組織独自のコンテンツを含めることが可能。
5.集計ツールが付属
 訓練対象者のうち、誰が訓練用の模擬メールを誤って開いたかの結果を集計するためのツールが付属しており、担当者自身の手で、リアルタイムに実施状況を把握することができる。
6.訓練実施の準備が簡単
 キットに含まれる訓練用の模擬マルウェアや事前教育用のコンテンツは、全てほぼ完成品として提供されるため、半日とかからずに訓練実施の準備をすることができる。  

 縁マーケティング研究所
FAX 048-610-8963

http://bit.ly/kit-1dBITby

2014年1月27日発信

 
会社案内お問い合わせ