日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

ロンドン五輪の事例から「2020年」を見据えたシンポジウム 「IPAサイバーセキュリティシンポジウム2014」開催

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、開催まで6年余りとなった東京オリンピックを見据え、社会全体で取り組むべきサイバーセキュリティの課題と具体的な対策を明らかにすることを目的に、「IPAサイバーセキュリティシンポジウム2014 〜「2020」年に向けて、知るべきこと、為すべきこと〜」を、2014年2月19日(水)に開催する。
 2012年に開催されたロンドンオリンピックにおいては、期間中に延べ2億件を上回るサイバー攻撃が行われたとされている。
 2020年の東京オリンピックの際も、オリンピックへの直接的なもののみならず、これに便乗して社会インフラやあらゆる経済社会活動に向けた攻撃が行われる可能性があり、その備えに向けた取り組みが重要な課題となってくる。
 そこで、IPAでは、「2020年」に向け、政府や産業界、情報セキュリティの関係者が状況を理解し、適切な対応のための準備に取り掛かる契機とするシンポジウムを開催することとした。
 同シンポジウムにおいては、「オリンピックという世界が注目する一大イベントにおいてどのようなサイバーセキュリティ対策が必要なのか?」、「サイバー攻撃に対抗する人材の不足をどのように解決していくのか?」、「オリンピック開催による経済効果も睨みつつ、IT利活用により経済を活性化させていくにあたって、サイバーセキュリティ対策の推進として何が求められているのか?」などをテーマとしたプログラムで構成する予定。
 基調講演者には、2012年のロンドンオリンピックの際、英政府オリンピック実行委員会においてサイバーセキュリティ対応の責任者として全体の対応を指揮した、オリバー・ホーア氏(現在は英国外務省のセキュリティ対応を行う部門の国土安全保障及びサイバーセキュリティ戦略部長)を迎え、ロンドンオリンピック開催までに行った準備の内容や、期間中に受けたサイバー攻撃とその対応などについて、具体的に講演いただく予定。
 また、国内の情報セキュリティの専門家や、インフラ整備に関わる民間有識者の講演、さらに、政府および関係研究機関関係者も加わったパネルディスカッションも予定している。

◆開催概要
 名称:IPAサイバーセキュリティシンポジウム2014
       〜「2020年」に向けて、知るべきこと、為すべきこと〜
 日時:2014年2月19日(水) 13:00〜17:10(開場 12:30〜)
 会場:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4階)
 主催:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
 後援(予定):経済産業省ほか関係政府機関、関係団体
 聴講料:無料(ただし事前登録が必要) ※募集定員に達したため受付終了

 IPA
TEL 03-5978-7503

http://www.ipa.go.jp/about/event/cyber-security2014/index.html

2014年1月27日発信

 
会社案内お問い合わせ