日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

高フレームレート、フルHDTV 解像度の
ビデオプロセッシングのための新しいARTPEC-5 チップを発表

 アクシスコミュニケーションズ鰍ヘ、新しいARTPEC-5 チップを発表した。
 同チップは、フルHDTV 解像度(1080p)における、H.264 ハイプロファイル (HiP) 映像圧縮規格と高フレームレート(60fps)によるエンコードをサポートするため、今日一般に普及しているHDTV ビデオ監視ソリューションと比較し、2 倍のフレームレートと解像度であるといえる。
 高フレームレートによって、例えば高速に移動する車両のナンバープレートを認識する必要がある場合など、素早い動きをする被写体の詳細をとらえることができる。
 また、フルHDTV の解像度により、有事の際に求められる画像を、広範囲の撮影をしつつも、妥協することのない詳細レベルで提供することができる。
 ARTPEC-5 により、同社のネットワークカメラやビデオエンコーダ製品は電力消費を最大限に抑えることが可能となり、前世代製品に比べてより多くの映像ストリームを同時に扱うことが可能で、より高速なSD カードインターフェースをサポートし、エッジストレージとして利用できるようになる。よって同社はビデオ監視における非常に高度な要求に応えられるより進んだ画像処理性能を持つカメラを設計できるようになる。
 ARTPEC-5 のデュアルコアマルチプロセッサー設計と共に、キャッシュ容量は増大し、メモリースループットも向上。
 そのため、インテリジェントビデオと映像分析アプリケーションの処理性能がより高まる。
 AXIS Camera Application Platform を利用して、エンドユーザーは様々な映像分析アプリケーションを選択し、同社のカメラにアップロードすることが可能。
 認識やカウント、検知やトラッキングといった高度な機能を提供するアプリケーション群を取り揃えている。
 ARTPEC-5 チップが初めて搭載される製品は、新製品となる高性能6 チャンネルビデオエンコーダブレード「AXIS Q7436」。  

 アクシスコミュニケーションズ
TEL 03-5937-2703

http://www.axis.com/ja/

2014年2月3日発信

 
会社案内お問い合わせ