日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

霧・逆光・夜間で見えにくい動画像をくっきりきれいに映し出す
リアルタイム画像鮮明化ユニット発売

 潟Wーニックは、同社のリアルタイム画像鮮明化技術「ForteVision」を組み込んだ19インチラックマウント・アナログ信号(NTSC、PAL)対応の画像鮮明化ユニット「FV-2010NT / FV-2010PL」の発売を開始した。
 近年、ますますその重要性を増している街角の防犯カメラや大規模施設監視システムで撮影される動画像。
 その外光環境は必ずしも常に理想的とはいえず、低照度や逆光、 あるいは霧やモヤなどで視認性が落ちてしまうケースが発生している。
 こうした状況に対し、各種補正機能を内蔵したビデオカメラも徐々に普及しつつある。
 しかしながら、カメラ内蔵のこうした機能は、一般にそのときどきの外光環境に合わせて適切に調整を行う必要がある。
 これは監視担当者の負担になるだけでなく、録画による無人監視では機動的な調整自体がほぼ不可能となる。
 FV-2010NT / FV-2010PL はこのような監視システムの問題点を解決するために、 同社の画像鮮明化技術『ForteVision』を手軽に導入できることを企図して開発された。
 FV-2010NT / FV-2010PL は面倒な調整操作を必要とせず、 いったん設置すれば 24時間 365日、常時適切に鮮明化された画像を届けることができる。
 FV-2010 シリーズは 2 機種のラインナップで、FV-2010NT は NTSC 規格のアナログビデオ信号、FV-2010PL は PAL 規格のアナログビデオ信号に対応する。
 筐体は19インチEIAラックマウント対応。

◆主な特長
・低照度や逆光、霧・モヤといった種々の外光条件に自動適応
・低輝度部のノイズを低減するためのノイズフィルタ内蔵
・スイッチャー等で4分割された入力画像にも対応
・電源オフ時原画像出力機能
・シリアル通信(RS-232C)によるリモート制御機能
・19インチEIAラックマウント筐体

◆主な用途
・セキュリティ関連
 大型施設・設備での周辺監視
・マシンビジョン
 表面検査・欠陥検査装置の不具合検出率向上、溶接装置の視野向上
・防災
 河川・道路監視カメラの品質向上、災害現場での視野向上
・環境
 水質汚濁監視の品質向上
・交通
 白線及び歩行者検知、車番認識システムの品質向上 

  潟Wーニック
TEL 077-526-2101

http://www.zenic.co.jp/products/fortevision/unit/fv2000ntpl.php

2014年3月17日発信

 
会社案内お問い合わせ