日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

監視用 近赤外 / 5メガピクセル対応 (1.8マイクロメートルピッチセンサ対応)
一体型カメラ用ズームレンズ 「1/2.7型 2.8〜9.8mm F/1.6 (Model DF023)」

 潟^ムロンは、監視用 近赤外 / 5メガピクセル対応一体型カメラ用ズームレンズの発売を開始した。
 セキュリティ分野で使用されるカメラにおいて、高画質化は急速に進んでおり、現在、多くのセキュリティ機器関連メーカーは、高画素イメージセンサーを搭載したカメラの開発を進めている。
 今回、同社が開発したのは、その流れを見据えたPTZ用高性能ズームレンズ。
 このズームレンズは、高画素に対応した解像力を有し、1.8マイクロメートルピッチのイメージセンサーに対応。
 超広角・高画素・高性能と、3つの特長を持った期待のレンズだ。
 広角側100°以上の画角で、5メガピクセルの画質のレンズは、新たなタイプの組み込み型ズームレンズとなる。
 さらに、このレンズは、可視光領域で5メガピクセルの画質を達成しているだけではなく、近赤外光領域でも可視光領域と同じく、5メガピクセルの高画質を維持。
 画質劣化なく高解像・高性能な昼夜監視が実現できる新たな時代のレンズと言える。

◆主な特徴
1.超広角・高画質PTZ用3.5倍ズーム
・1/2.7型センサ(16:9)で広角側123.1°、1/3型センサ(4:3)で広角側100°を実現。
・1台で広範囲の監視が可能。
2.近赤外光領域まで5メガピクセルの高性能を維持
・画質の劣化なく、24時間、5メガピクセルでの監視を実現。
・昼夜を通して一定の画質、解像力を有し、様々な光の条件下で鮮明な画質を提供。
・画像切り出し時の画質も高画素が保持され認識に役立つ。
3.P-Iris対応絞り機構
 絞り制御にはステッピングモーターを採用し、細かな制御を可能。
4.全長64.25mmの小型化実現
・高画質かつコンパクトな形状を維持するため、新機構を採用。
・これまでに蓄積してきた技術力により、超広角・高画素・高性能を維持しつつ小型を実現。  

潟^ムロン
TEL 048-684-9129

http://www.tamron.co.jp/

2014年3月24日発信

 
会社案内お問い合わせ