日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」を公開
ウェブサービス、ウェブサイトに関連する脅威3項目が上位に浮上

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、2013年において社会的影響が大きかった情報セキュリティの脅威から「10大脅威執筆者会」の投票を経て、「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」としてまとめ、IPAのウェブサイトで公開している。
 「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」は、2013年に発生した情報セキュリティの事故・事件から、特に社会的に影響が大きかったと考えられる17項目の脅威を選定し、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したもの。
 2014年版で選出された、10大脅威は下記のとおり。
 1位の「標的型メールを用いた組織へのスパイ・諜報活動」は、2011年に特定の政府機関や研究機関への攻撃として認識されていたが、一般企業も狙われているという現状から、さらに警戒すべき脅威であると指摘されている。また、2位〜4位に選出されたのはいずれも、ウェブサービスやウェブサイトに関連する脅威で、昨年版の10大脅威のランキング(7位、8位)から浮上した。
 また、昨年は3位だった「悪意あるスマートフォンアプリ」は6位に下がった。
 その他、新たなランクインは7位の「SNSへの軽率な情報公開」、9位の「ウイルスを使った詐欺・恐喝」となっている。
 企業・組織や個人が被害に遭わないためには、我々一人一人が、脅威を自組織や自身に当てはめて、問題点や課題を認識し、適切な対応を講じることが重要である。

◆10大脅威執筆者会が選んだ「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」
 1位「標的型メールを用いた組織へのスパイ・諜報活動」
 2位「不正ログイン・不正利用」
 3位「ウェブサイトの改ざん」
 4位「ウェブサービスからのユーザー情報の漏えい」
 5位「オンラインバンキングからの不正送金」
 6位「悪意あるスマートフォンアプリ」
 7位「SNSへの軽率な情報公開」
 8位「紛失や設定不備による情報漏えい」
 9位「ウイルスを使った詐欺・恐喝」
 10位「サービス妨害」

◆「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」の概要
第1章:セキュリティ脅威の分類と傾向
    攻撃者の意図・被害者の特性等で脅威を分類し、脅威が高まる社会的背景等を解説
第2章:2014年10大脅威 第3章:注目すべき脅威や懸念
    社会に影響を与える可能性が高く、現時点で注目しておきたい脅威や懸念等を解説  

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
TEL 03-5978-7527

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2014.html

2014年3月31日発信

 
会社案内お問い合わせ