日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

5メガピクセル・NIR対応 標準バリフォーカルレンズ
「1/1.8型 4-13mm F/1.5 (Model M118VM413IR / M118VG413IR) 」

 潟^ムロンでは、市場の高画素化を見据えた様々な製品開発を行い、早い段階で市場導入することに努めている。
 近年、セキュリティ市場の高画素化は急速に進み、セキュリティ機器メーカー各社もこの分野への積極的な取り組みを増大させている。
 昨今のカメラ市場は箱型カメラからミニドーム/一体型カメラへと、主力市場が移行していることは明らかであるが、同社ではC/CSについても安定したニーズがあると考えている。
 ミニドームカメラと比して、微細な調整が利き、優れた映像提供に定評があるC/CSマウントレンズ搭載の箱型カメラは、公共施設、重要施設の監視などで高い性能、信頼性を発揮する。
 今回、同社では高画素の大型センサー対応の箱型カメラの市場性を見越して、5メガピクセル・NIR対応 標準バリフォーカルレンズを開発した。
 高画素化に傾倒していく市場で、高性能C/CSマウントレンズ搭載の箱型カメラを必要な設置現場はむしろ増大するものと考えられる。
 特に高性能が要求される交通監視においては最適なレンズとして受け入れられるものと考えられている。

◆主な特徴
1.高画素化を意識したハイスペックレンズ
・Cマウントレンズとしては最先端の5メガピクセルを実現
・1/1.8型の大型センサー対応
・F/1.5の明るいレンズ設計   
2.昼夜監視に適した光学設計
・近赤外光領域でもメガピクセル対応
・夜間監視時の画質劣化を低減
3.超広角のバリフォーカルレンズ
・広角115.8°から中望遠35.9°までの範囲をカバー可能(アスペクト比/16:9)
4.小型・高性能レンズを実現
・絞り装置に新機構を採用。小型でありながら、高い性能を実現

  潟^ムロン
TEL 048-684-9129

http://www.tamron.co.jp/

2014年4月7日発信

 
会社案内お問い合わせ