日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

LED防犯灯のRBSS機器認定を開始
日本防犯設備協会「RBSS(優良防犯機器認定制度)」

 (公社)日本防犯設備協会は、2008年にスタートしたRBSS(優良防犯機器認定制度)において、従来の「防犯カメラ」と「デジタルレコーダ(防犯用)」に加え、新たに本年5月から「LED防犯灯」の認定を開始した。
  「LED防犯灯」は近年急激に普及してきたが、設置後短期間で多くの地域で不具合が発生するなど、問題点も指摘されている。
 こうした状況の下、同協会は「LED防犯灯」を導入する自治体などの要望を受け、「LED防犯灯」をRBSSの機器品目に加え、安心して使える「LED防犯灯」の認定を始めた。
 認定は、従来の「防犯カメラ」と「デジタルレコーダ(防犯用)」の2品目に、「LED防犯灯」を加えて、全部で3品目の認定となる。

◆「LED防犯灯」認定の概要
・「LED防犯灯」の適用範囲
 防犯灯(主に生活道路、公園、駐車場等の屋外に設置されるもので、防犯と歩行の安全を確保するために用いられる屋外照明器具)のうち、その光源が白色系LEDを使用するもので、生活道路に設置されるLEDモジュール及びLEDモジュール用制御装置を内蔵する防犯灯が対象。
ただし、@口金を有するもの、A制御装置非内蔵のもの、Bセンサ付ライトは対象外となる。
・「LED防犯灯」の機器審査
 LED防犯灯の機器審査では、機能・性能等について審査。
 その項目は、(一社)日本照明工業会で発行・販売されているガイドA 137-3「高品質LED防犯灯の性能要求指針第1版(2014年4月18日)」に定める機能、安全性、信頼性に係る13の性能項目に準拠。
・開発生産販売する会社の資格審査
 「LED防犯灯」のRBSS認定は、「防犯カメラ」や「デジタルレコーダ(防犯用)」のRBSS認定と同様に、申請会社の資格審査を行う。
 これは「LED防犯灯」を開発し生産している会社が必要な要件を持つ会社かどうかを審査するもの。
・認定後の買い上げ試験など
 RBSS認定機器については、機能性能が変わっていないかを継続的に確認を行う仕組みを採用する。
・認定機器へのRBSSマーク表示
 認定された型式には、RBSSマークを表示。

  公益社団法人日本防犯設備協会
TEL 03-3431-7301

http://www.ssaj.or.jp/

2014年5月19日発信

 
会社案内お問い合わせ