日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

学生向けクラウドにつながる組込みアプリケーション開発コンテ
「第5回 Device2Cloud コンテスト」を開催

 東京エレクトロン デバイス(株)は、日本マイクロソフト(株)、(株)アットマークテクノ、(株)サムシングプレシャスなどの協賛のもと、学生向け組込みアプリケーション開発コンテスト「第5回 Device2Cloudコンテスト 〜21世紀の組込み開発者を目指せ!!)を2014年12月6日(土)に開催する。
 今回で5回目となる同コンテストは、過去4回の実績を生かしてシステム条件や審査基準を見直し、より安定した環境で参加者の自由な発想を生かすことができるよう工夫されている。
 さらに、利用できるCPUボードの選択肢を増やしつつ、安価で機材が購入可能として、より参加しやすいコンテストにしている。
 同社では、組込みアプリケーションの分野において、グローバルな視点で製品の企画・開発ができる人材の育成に貢献したいとの思いから、学生向け組込みアプリケーション開発コンテストDevice2Cloudコンテストを継続開催している。
 同コンテストは、コンテスト規定のシステム条件で組込みアプリケーションの開発を行い、その成果を2014年12月6日(土)の決勝大会で発表。
 1からアイディアを考える企画力やアイディアを形にする開発力、チームのメンバーと協力しながら進めていく組織力を学ぶ場として、さらにはプレゼンテーションのスキルアップの場として同コンテストを活用して欲しいと考えている。
 また、出場チーム全員に参加認定証が配布されるため、学校の授業以外の取り組みとして証明される。
 決勝大会の会場は東京電機大学 東京千住キャンパスで開催、参加者以外にも見学しやすい環境を用意した。
 また、決勝大会では交流と懇親を兼ね、ポスターセッションを予定している。
 技術の最前線の場で働く企業のエンジニアの生の声を聞く機会や、技術者をめざす学生同士のつながりを作る場として活用できる。

◆コンテスト概要
・日時:2014年12月6日(土)
・場所:東京電機大学 東京千住キャンパス 丹羽ホール (1号館2F)
・内容:組込みアプリケーションの企画・開発・プレゼンテーション
    資料およびビデオによる予選審査。
    決勝大会は選抜チームによるプレゼンテーション
・応募資格:高専、専門学校、大学、大学院、職業訓練校などの学生

  東京エレクトロン デバイス(株)
http://www.d2c-con.com/

2014年6月23日発信

 
会社案内お問い合わせ