日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

多様な撮影条件・設置環境に対応するラインアップ
ネットワークカメラ 6機種、レコーダー、ネットワークマイクを発売

 パナソニック システムネットワークス(株)は、映像セキュリティ関連製品として、ネットワークカメラ各種、ネットワークディスクレコーダー、ネットワークマイクの新製品の発売を2014年8月から順次開始する。
 新製品のネットワークカメラは、刻々と変化する撮影条件、例えば強い日差しで逆光となる出入り口、光が届きにくく暗がりとなる個所、さらには、暗い場所での速い動きの被写体など、従来のカメラでは撮影困難な条件にも対応できる性能を強化した。
 多様な設置環境に合わせた新製品ラインアップとして屋内用・屋外用、ドーム型・ボックス型のネットワークカメラ各種の発売を8月から10月にかけて順次開始する。
 またネットワークカメラからの毎秒60フレームの画像送信に対応したほか、モニターを2台接続可能にしたネットワークディスクレコーダーと、同社製全方位カメラ(WV-SF438)の撮影画像と連動して高精度の音声モニタリングが可能なネットワークマイクの発売をそれぞれ8月、9月に開始する。

◆主な特長
1.さまざまな撮影条件・設置環境に対応するカメララインアップ (全機種ダイナミックレンジ 133dBのスーパーダイナミック機能搭載)
 ネットワークカメラは、建物の中から屋外に向けて出入り口を撮影するために設置される場合が多くあり、とくに昼間の日差しの強いときには、屋内と屋外での照度差が大きくなる。
 そこで同社はシャッタースピードの異なる画像を合成することで、照度差の大きい被写体でも、画素単位で明るさを補正し撮影できる 「ダイナミックレンジ 133dBスーパーダイナミック機能」 を今回のカメラ新製品全機種に搭載した。
 また、夜間の撮影においては、照明が届きにくかったりさえぎられたりすることで撮影できないことがないよう、高感度のイメージセンサーと、新方式のノイズリダクション機能を搭載し、低照度下での撮影性能を強化するとともに、無照明下でも撮影できるよう、赤外線照明 (IR LED)を内蔵 (WV-SFV631LT) あるいは専用オプション(WV-SPN6FRL1)が追加可能な機種(WV-SPN631、WV-SPN611)を増やした。
 さらに、記録装置の大容量化に対応して、被写体の細かな動きや、すばやい動作に対しても、記録を残しやすいように、新製品のネットワークカメラのシリーズは、全て毎秒60フレームの画像配信を可能とした。
2. 毎秒60枚の画像記録に対応した、簡単設定、簡単操作のレコーダー
 新製品のネットワークカメラによる毎秒60フレームの画像送信に対応する、ネットワークディスクレコーダー WJ-NV250 シリーズ(HDD 500GB/2TB/4TB/1TB+DVD/2TB+DVD の5機種)の発売を8月より開始する。
 レコーダーの接続端子にマウスを直接接続でき、パソコンなしで画面に表示されるメニューを見ながら簡単に設定や操作が可能。  また接続できるモニターを2台に増やすことで 、操作画面とマルチ表示画面を別々のモニターで同時に確認(メインモニターで各種の操作を行い、サブモニターでは1画/4画/9画ライブシーケンスのいずれかを選択可)できるようになり、使いやすくなる。
 また、同社製全方位ネットワークカメラ(WV-SF438他)の魚眼画像の一部を1画面/4画面に切り出して画像の向きや歪みを補正して表示する機能が使用できるほか、画像の解像度を変換する「再エンコード配信」により、フルHDの高い解像度でデータを保存しながらスマートホン用には低い解像度の画像を配信するなど、便利な機能も搭載している。
3. カメラ画像と連動し、必要な場所の音声のみを指定できるネットワークマイク
 同社製の全方位カメラ(WV-SF438)の画像を見ながら、マウスを使ってクリックした方向の音声をピンポイントで確認することができるネットワークマイク(ネットワークマイク単体 WV-SMR10及びネットワークマイク WV-SMR10 と全方位ネットワークカメラ WV-SF438のセット:WV-SMR10N3) の発売を9月に開始する。
 映像セキュリティにおいて、犯罪や事件などの複雑化・多様化に伴い、映像だけでなく音声の確認・記録を求められることが多くなっている。
 従来のネットワークカメラに搭載あるいは別売品として追加して利用されてきたマイクロホンは、周辺のもの音や話している様子などを確認するレベルにとどまっていた。
 新製品のネットワークマイクを使用することにより、同時に複数の人が話しているような場合でも、特定の話者の声だけを選んで確認できる。
 この機能はライブでもレコーダーに記録されているデータからでも特定のポイントの音声を確認することができる。

  パナソニック システムネットワークス(株)
TEL 0120-878-410

http://panasonic.biz/security/

2014年7月28日発信

 
会社案内お問い合わせ