日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

VC機能(光学防振)搭載 高機能遠赤外対応ズームレンズ
35-105mm F/1.0(Model: LQZ3X3510V)

 (株)タムロンは、VC(Vibration Compensation:光学防振機能)搭載の高機能遠赤外対応ズームレンズ35-105mm F/1.0を業界標準のスクリュー・マウント(M34、P0.5)方式に改変し、かつ通信プロトコルの対応を拡大した新モデルを開発した。
 また、2014年9月23日から9月26日にドイツ・エッセンで開催されるSecurity Essen 2014の同社ブースで出品した。
 今回、多くのカメラメーカーで採用されているM34 P0.5スクリュー・マウント対応モデル、LQZ3X3510Vを加えることで35-105mm をカバーするズームは3機種。
 使用頻度の高い焦点距離レンジで、小型・軽量のLVZ3X3516N、LVZ3X3516Aに加え、光学防振機構(VC)搭載のLQZ3X3510Vが新たに加わることで、設置環境に合わせた適切な機種が選択できるラインナップを充実させた。
 また、LQZ3X3510VにはSPI通信からより汎用性の高いシリアル通信に変換する基板(Model: SY004)も別売りで用意。
 これにより、セキュリティ市場で採用の機会が増え、遠赤外線レンズの優れた特性をより広範なアプリケーションに展開する好機になるものと期待されている。

◆主な特長
1.利便性の高いマウント形状
・多くのカメラに採用されているM34 P0.5タイプのスクリュー・マウントを装備。
2.通信変換用基板をオプション・アクセサリーとして追加
・専用開発したSPI通信プロトコルを、汎用性のより高いシリアル通信に変換する基板を開発。
3.LWIR光学系では世界初 VC (“Vibration Compensation”、光学防振機構)搭載
・設置サイトでの風、地面から拾う振動、或いは近傍の機械装置起因で発生する継続振動等、画質低下をまねくような環境下で有効。
・ブレの制御により、高画質な安定画像提供が可能。
4.F/1.0の明るいレンズ設計
・35-105mm全域でF/1.0を実現。ワイドからテレに至る全ての領域でフラットな光学性能を保持した明るいレンズ設計。
5.実用使用頻度の高い焦点距離100mmまでカバーする光学3倍ズーム
・100mm前後の単焦点レンズとの置き換えも可能。
6.電動ズーム&フォーカス
・俊敏なレスポンスで合焦可能な、インターナル・フォーカス方式を採用。
7.アクティブ・アサーマル機構
・ベスト画像を安定的にお届けするため、アクティブ・アサーマル機構を採用。設置/使用条件によって異なる温度プロファイルに高い精度で応答。

  (株)タムロン
http://www.tamron.co.jp/

2014年9月29日発信

 
 
会社案内お問い合わせ