日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

旋回、ズーム機能などを一体化した防犯カメラ
基本性能が向上した、新型「PTZカメラ」を発売

 TOA(株)は、カラーカメラ、旋回台、電動ズームレンズ一体型の防犯カメラ「PTZカメラ」の発売を開始した。
 新商品は、カラーカメラ、水平・垂直旋回台、電動ズームレンズを一体化した屋内用防犯カメラシステム。
 同社従来品と比較し、最大ズーム撮影倍率が約1.9倍(従来品:230倍→新商品:432倍)、最低被写体照度が約4倍(従来品:0.04lx→新商品:0.01lx)の感度となり、基本性能が向上した。
 取付金具等は従来品と共用で、壁面取り付け、天井吊下げなどバリエーションも豊富。
 幅広い用途に利用できる汎用型で、特に、集合住宅、商業施設、倉庫などに最適。

◆主な特徴
 水平旋回(0°〜360°)と垂直動作(+20°〜−200°)により死角の少ない監視を実現。
  ズーム撮影倍率は、432倍(光学ズーム27倍×電子ズーム16倍)を実現し、遠くの被写体でも撮影可能。 また、夜間に自動的に感度の高い白黒撮影に切り替え、しっかりと被写体を撮影する「デイナイト機能」を搭載。
  昼夜を問わず利用できる。
 機能面については、あらかじめ撮影ポジションを64箇所まで記憶し、ワンタッチで呼び出し可能な「プリセット」機能、設定したプリセットポジションを順に撮影する「ツアー」機能、旋回・ズームを含めた動きの軌跡を記憶しワンタッチで再現する「トレース」機能を搭載。
  加えて、画面の中に動く被写体があった場合に、自動的にあらかじめ設定した動作(「プリセット」「ツアー」など)をさせることができる「モーションディテクト」機能を搭載。 夜間の無人倉庫に侵入者があった場合、出入口や窓などの重要ポイントを自動的に撮影するなど、有事の際の確実な監視に貢献。
 また、隣接する住宅の窓など、画面中の撮影できない部分をグレーに塗りつぶす「プライバシーマスク」機能を搭載。 設置環境に配慮した運用が可能。

  TOA(株)
http://www.toa.co.jp

2014年9月29日発信

 
 
会社案内お問い合わせ