日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

高倍率34倍電動ズームレンズ発売
1/2型 15-510mm F/3.0 (Model: M12ZG34X15IRPF)

 (株)タムロンは、高倍率34倍電動ズームレンズ 1/2型 15-510mm F/3.0 (Model: M12ZG34X15IRPF) の発売を発表した。
 セキュリティ市場における国境監視、港湾監視、森林監視、空港及び発電所など重要施設監視などでは、離れた場所にCマウントタイプの箱型カメラを設置して、広大なエリアの隅々まで昼夜問わずに監視することが求められている。
 これらの用途では、アナログカメラ・SDカメラと高倍率ズームレンズの組み合わせが業界標準であったが、監視カメラの高解像度化に伴い、この分野においても、対応する光学解像度を満たした高倍率ズームが要求されている。
 これに応えるため、同社では2015年4月6日に高倍率、高画質電動ズームレンズ 1/1.8型 10-360mm F/1.6 (Model: M118ZG36X10IRPF / M118ZG36X10IRP) の発売を開始し、広域監視をより効率的に行える高い光学性能を持つ高倍率電動ズームとして、ユーザーより高い評価を得ている。  今回、ユーザーからの要求及びラインナップの拡充を目指し、広範囲なインフラ施設、重要施設などを監視出来る望遠タイプのレンズとして、1/2型 15-510mm F/3.0 (Model: 12ZG34X15IRPF) の発売を発表した。

◆主な特長
・510mmの焦点距離を持つ、コンパクトサイズレンズ
 より遠くまで監視できる焦点距離を持つレンズは、様々な要因から大口径になり、レンズ全体が大型化してしまう。
 Model: 12ZG34X15IRPFは、光学性能とレンズサイズのバランスを取りながら開発された。
 外形寸法は同等焦点距離のレンズと比べコンパクト化を実現。
 業界標準サイズのハウジングに装填可能な形状のため、既存設備の流用も検討できる。
・望遠端まで高い光学性能を維持
 国境監視、港湾監視、森林監視などでは、撮影環境が広域、長距離範囲となり、より高い倍率のズームレンズが必要となる。
 加えて、望遠側での高画質、高解像も求められる。
 今回、同社では、望遠端(510mm)においても高感度(F/6.4)、高画質(2MP)の光学性能を実現した。
 さらにNIR(近赤外域)に対応することにより、昼夜を通して高画質監視を実現できる実力を備えている。
・霧除去機能搭載
 望遠側では特に有効となる霧除去機能を搭載した。
 霧の発生で、視界不良となった環境では、映像の鮮明度が低下する。
 これは霧の微小な水滴が可視光を反射し、可視光線を散乱させてしまうことによって起こる現象。
 これにより、視界が悪くなる。
 そこで、散乱を引き起こす可視光線をカットするフィルターを用い、近赤外域で撮影することにより、霧の影響を受けにくい、不鮮明さを低減した映像を得ることが出来る。

(株)タムロン
http://www.tamron.co.jp

2015年11月16日発信

 
 
会社案内お問い合わせ