日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

「第12回自動認識総合展・大阪」開催
関西で唯一の先端自動認識技術・ソリューションの専門展示会

 一般社団法人日本自動認識システム協会は、2月19日(木)〜20日(金)の2日間、マイドームおおさか1Fにて、「第12回自動認識総合展・大阪」を開催する。
 また、併設で「自動認識セミナー」を開催する。
 同展示会は、バーコード、2次元シンボル、RFID(Radio Frequency Identification)、ICカード、画像認識などの「人間を介さず、ハード・ソフトを含む機器により自動的にデータを読み込み、内容を認識する」自動認識の技術、及びこれらの技術を生かしたソリューション(物流、マテハン、流通、生産、医療支援、セキュリティ他)を展示するもので、今回で12回目を迎える(前身のバーコード&RFIDシステムフェアを含めると13回目)。
 来場者は、卸売業界をはじめ、コンピュータ関連業界、流通・物流、生産・製造、アパレルから、医療、セキュリティ、さらには公共関係と広範囲にわたり、その職種も開発、営業、情報システム、設計から生産管理、購買担当者と多岐にわたっている。
 展示内容は、「参加企業によるブース展示」のほか、「第16回自動認識システム大賞パネル展示」、「自動認識技術の紹介や協会の活動を紹介するJAISAコーナー」などの開催。
 その他、最新技術動向・最新事例・ソリューションを紹介する自動認識セミナー・大阪を同時開催する。

開催概要
展示会名:第12回自動認識総合展・大阪
会期  :2015年2月19日(木)〜20日(金) 10:00〜17:00(2日間とも)
会場  :マイドームおおさか 1F展示場(大阪府大阪市中央区本町橋2-5)
主催  :一般社団法人日本自動認識システム協会
後援  :経済産業省近畿経済産業局/大阪府/大阪市/大阪商工会議所
開催規模:28社・団体 45小間 入場料 :無料(登録制)
出展品目:自動認識製品・技術
      バーコード、2次元シンボル、RFID、カード(IC、磁気他)、画像認識、他
      自動認識を活用した各種ソリューション
特別展示:自動認識システム大賞パネル展示
      2014年度に受賞された5件のパネル展示を行う。
併催事業:自動認識セミナー・大阪
      最新動向・最新事例・ソリューションを紹介する講演を行う。
展示会事務局: (株)シー・エヌ・ティ

 第12回自動認識総合展・大阪
http://www.autoid-expo.com/osaka/

2015年1月26日発信

 
 
会社案内お問い合わせ