日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

東日本大震災の関連書籍1,300冊をリストアップ、図書館の所蔵検索も可能に
WEBサイト「東日本大震災を忘れないための本」開設

  (株)博士タローでは、東日本大震災発生から4年が経過するにあたり、自然がもたらした大災害の犠牲となった方々、未だ復興途上の被災地の人々の苦労、困難、精神的苦痛を忘れないよう、2011年3月11日以降に出版された関連書籍1,300冊をまとめたWEBサイト「東日本大震災を忘れないための本」を公開した。

◆2012年のピーク時より40%減少…薄れていこうとする東日本大震災の記憶
 2011年3月以降、「東日本大震災」に関する書籍出版をリサーチしたところ、震災翌年の2012年に最も多く出版され、2015年3月までに出版された書籍のおよそ31%を占めている。
 しかし、2012年の出版数に対する2013年出版数はおよそ70%、2014年ではおよそ60%と減少している。
 出版数を月別にみると、3月に最も多く出版されてきたが、この3月のピーク出版数も激減してきている。
 「東日本大震災」に関する書籍を分類すると、社会・経済を除くと「東日本大震災」の記録を含む書籍が最も多く、次いで復興・支援、原発関連、ドキュメンタリー、写真・写真集の順となりる((株)博士タロー調べ)。
 そこで同社では、2011年3月11日を語る貴重な書物を風化させず、日本人の一人一人が、それぞれの胸の内に2011年3月11日を焼き付けておけるよう、また今後も被災地復興支援がさらに活性化されることを願い、WEBサイト「東日本大震災を忘れないための本」を制作した。

  (株)博士タロー
http://www.Kodomo-no-Chikara.com/GreatEastJapanEarthquake/

2015年4月13日発信

 
 
会社案内お問い合わせ