日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

マイナンバーのセキュリティを9割以上の個人ユーザが不安視
7割以上の個人ユーザが自身が原因となるセキュリティリスクを懸念

 トレンドマイクロ(株)は、日本国内の個人ユーザ1,035名を対象に、「個人に関する情報のセキュリティ」に関する意識や実態についてWebアンケート調査(調査期間:2015年11月12日〜13日まで)を実施した。
 調査において、回答者の9割以上がマイナンバーのセキュリティについて不安を感じていることが分かった。
 中でも、「紛失・盗難」や「ウイルス感染」など自分自身が原因となる項目のいずれかを選択した回答者は72.9%に上っており、3分の2以上の回答者が、マイナンバーについて自分自身が原因となるセキュリティリスクを不安視している。
 昨今議論されている、自治体・企業のセキュリティ対策に加えて、個人ユーザ自身が実施すべきセキュリティ対策を検討する必要がある。
 今後ますます加速度を増す情報化社会に向け、個人ユーザはマイナンバーを含め、ユーザ自身の情報に関する取扱いについて、セキュリティ対策を見直すなど十分に注意する必要がある。

◆マイナンバーのセキュリティを9割以上の個人ユーザが不安視
 調査において、マイナンバーのセキュリティ上の不安について聞いたところ、「セキュリティ上の不安は特にない」と答えた回答者は9.6%にとどまり、90.4%の回答者は何らかのセキュリティ上の不安を持っていることが明らかになった。
 具体的には、「自治体からの情報漏えい(72.1%)」や「自身のマイナンバーを提供した企業からの情報漏えい(58.4%)」など、マイナンバーを収集・保管する企業・組織からの漏えいに不安に感じているユーザが多いことが分かった。
 加えて、「自身によるマイナンバーの紛失・盗難(48.6%)」や「自身のインターネット端末のウイルス感染(43.8%)」など、ユーザ自身が原因となる項目のいずれかを選択した回答者は72.9%に上った。
 ユーザ自身の対策として、セキュリティ製品によるインターネット端末の保護に加え、自分自身の情報の管理・保管についても注意を払うことが重要。

◆マイナンバーと「金融関連の情報」の紐づけが不安なユーザが7割以上
 マイナンバーと紐づけされると不安な他の情報について聞いたところ、「利用している金融機関の情報(75.4%)」、「クレジットカード情報(74.3%)」という「金融関連」の情報との紐づけが不安なユーザが7割以上に上った。
 現在、マイナンバーの利用用途の拡大について議論が進められているが、マイナンバーを取扱う事業者は、取得したマイナンバーの情報をどのように管理・保管を行い、セキュリティ対策を実施しているのか利用者に明示することが重要。

トレンドマイクロ(株)
TEL 03-5334-3601
http://www.trendmicro.co.jp

2016年1月12日発信

 
 
会社案内お問い合わせ