日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

5メガピクセル近赤外対応バリフォーカルレンズ発売
1/1.8型 12-50mm F/1.4 (Model: M118VG1250IR)

 (株)タムロンは、5メガピクセル近赤外対応バリフォーカルレンズ 1/1.8型 12-50mm F/1.4 (Model: M118VG1250IR) の発売を開始した。
 セキュリティ市場では、IP/ネットワークカメラの普及が進んでおり、高画質で撮影したいというユーザーの要望が高まり、5メガピクセル/Full HD 1080P以上のシステムが主流になっている。
 同社では、これらの分野において2本のレンズで主要な使用用途をカバーする『ダブルバリフォーカル』を提唱してきた。
 f=2.8mmの広角からf=50mmの望遠までの焦点距離をM13VG288IR (f=2.8-8mm)とM13VG550IR (f=5-50mm)の2本のレンズでシームレスにカバーすることで、レンズ選定も容易に行うことが出来、大変好評を得ている。
 一方で、都市監視の拡大により、1/1.8型、1/2型の大型センサーの需要が多くなり、解像度に対する要望も次第に5メガピクセルに近づいているため、今回M118VG1250IRの発売を開始した。

◆主な特長
・望遠域で最も使用頻度の高い焦点距離をカバーした近赤外対応レンズ
 需要の高い12-50mmの焦点距離をカバー。
 昼夜監視を可能にする近赤外対応したことにより、高精度かつ効果的な監視を実現した。
・高画質の近赤外域対応
 最新の光学設計、使用するレンズ素材、加工精度の向上により、色収差や近赤外域の性能、周辺解像を大幅に改善し、真の昼夜メガピクセル監視用レンズを実現した。
 可視域だけでなく近赤外域もメガピクセルの画質を達成し、これにより、可視光と近赤外光が入り交じる夜間においても、隅々まで被写体をクリアに撮影することが可能になった。
・低照度に強い光学設計
 有効像円を拡大し、セキュリティ市場の需要に適応した1/1.8型の大型イメージセンサーへの対応を可能にした。
 より明るいF値の設計により、F/1.4-360を実現した。
 さらに、1/2型、1/3型のイメージセンサーにも対応できるようになっている。
・フレア、ゴーストの低減
 フレア、ゴーストを改善するため、同社独自のマルチコートを採用した。
 最新のシミュレーションにより、様々なセキュリティ市場での使用条件を想定した検証を行い、問題となるフレア、ゴーストを徹底的に補正した。
・利便性、高信頼性の追及
 同社では利便性や高信頼性を追及した製品開発を行っており、M118VG1250IRも従来機種同様、様々な工夫を踏襲している。
 ピント調整がしやすい、大きなフォーカス回転角  設置時にカメラとレンズがセッティングしやすい、マウントスリップ機構  信頼性の高いオートアイリスメカニズム採用  

(株)タムロン
TEL 048-684-9116

http://www.tamron.co.jp

2016年3月28日発信

 
 
会社案内お問い合わせ