日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

一般社団法人危機管理情報共有基盤 設立
危機管理に関する様々な情報を集約し、一元的に活用することができる基盤を整備

 (株)共同通信デジタルと(株)レスキューナウは、「一般社団法人危機管理情報共有基盤」を設立した。
 近年、様々な組織より、多様な災害や危機管理に関する情報が提供され始めているが、これらは提供される方法や形式、頻度など、それぞれ仕様が異なることから、各々の情報を横断的に活用することが難しい状況となっている。
 同団体では、危機管理に関する様々な情報を集約し、一元的に活用することができる基盤を整備することで、社会の危機管理に必要な情報インフラとなることを使命として活動していく。

◆法人の概要
・名 称 : 一般社団法人危機管理情報共有基盤 Crisis Management Information Databank (CMID)
・所在地 : 東京都港区東新橋1−7−1 汐留メディアタワー
・設 立 : 平成28年 4月 1日
・役 員 : 代表理事(理事長) 朝倉 一昌
        代表理事(副理事長)伊地知 晋一

◆事業内容
・データ集約・加工
 自治体、企業、団体など、災害や危機管理に関連する情報の所有者と、連携・協力して情報を集約し、データとして一元的に活用ができるよう、同団体が提唱する統一仕様(CMIDフォーマット)に加工する。
・代行入力
 災害や危機管理に関連するデータや情報を提供し、防災に役立てることを希望する組織より、同団体が入力作業を引き受け、24時間365日体制で対応する。
・集積データの蓄積と傾向分析{
 上記の取組みを通して蓄積された、CMIDフォーマットで統一された危機管理情報を解析することにより、傾向分析などの研究を行う。

一般社団法人危機管理情報共有基盤
TEL 03-6252-6409

http://cmid.jp

2016年4月18日発信

 
 
会社案内お問い合わせ